神奈川区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

9月8日にかなっくホールで落語会をひらく 瀧川 鯉丸さん 白幡在住 31歳

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena

表現するのはありのまま

 ○…かなっくホールで9月8日に開催される若手寄席に、地元落語家として登場することが決まった。2015年に二ツ目に昇進し今年で3年目。寄席に向けては「落語を聴くことが、初めての人や生で聞いたことのない人が気軽に落語を楽しめるような会にしたいです」と意気込みを話す。

 ○…港北区の日吉で生まれる。少年時代は横須賀で過した。中高では吹奏楽部に入り、ファゴットを担当。「どちらかというとインドア派だったかな」と自宅で漫画や歴史小説を読むことが多かった。ラジオから流れてくる落語に興味を持ったのは高校3年生のとき。「普通の会話なのに面白い」と思ったのが最初の印象だ。早稲田大学に進学してからは、落語研究会に入り、浅草や新宿など生の寄席を見に通い詰めた。

 ○…「実は人と話すことが苦手でした」とカミングアウト。大学1年のとき老人ホームで見よう見まねで演じた落語が笑いに包まれたことがきっかけで噺の世界へ。「意外と人前に出ることは大丈夫だったみたいです」と笑う。大学卒業後、瀧川鯉昇師匠へ入門。「鯉〇」の芸名で前座を務めた。師匠からは「目標を定めるよりも、目の前のことをコツコツと全力で励むことが大切だ」と教わった。「落語を聴きに来てくれるお客さんを全力で楽しませようとすると、噺の持ち手や技術を自然と磨きたいと思うようになった」と振り返る。

 ○…白幡で妻と2歳の娘と暮らす。落語はまだ娘には見せていない。「ちょっと恥ずかしいな」と照れ笑い。「落語は演目よりも落語家にファンが付くもの。かっこつけたらすぐ気付かれてしまう」。高座で披露するのはありのままの自分の姿だ。「若手寄席は若手ならではの楽しさがある。ぜひ気軽にきてくださいね」と笑顔をみせた。

神奈川区版の人物風土記最新6

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

望月 秀幸さん

かなっくホールで活動する「お囃子プロジェクト」の代表で、邦楽囃子演奏家である

望月 秀幸さん

37歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

反町在住 37歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

鈴木 史絵さん

癒しイベントを主催するワンネスハート&ハート実行委員会の代表を務める

鈴木 史絵さん

高島台在住 52歳

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク