神奈川区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

神奈川大分県人会の会長として故郷の周知活動に励む 鷲見 元吾さん 西寺尾在住 77歳

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

「一緒に懸命」で「人持ち」に

 ○…「大分県は温泉の源泉数・湧出量ともに日本一を誇る。酒や食べ物もおいしいよ」。神奈川大分県人会の会長になって3年。約200人の登録会員と親睦を深めるイベントを開催するほか、「豊の国かぼす特命大使」として、大分県の良さを県内外に発信している。現在は、郷里を題材にした映画や大河ドラマの誘致活動に精力的に取り組む毎日だ。

 ○…戦後すぐは、自然の恵みが5人兄弟の胃袋を満たしてくれた。「浜辺でアサリやハマグリを拾い、山ではビワやミカンをほおばった」と笑う。体格が良かったため、柔道部やバスケットボール部の助っ人として活躍。絵画コンクールで教育長賞に輝いたデッサン力をいかそうと、大分工業高の建築科へ進学。卒業後に神奈川県内の建設会社に就職した。愛校心が強く、60歳からの10年間、母校の生徒たちを関東に招き、最先端の建築現場を見学する活動を続けた。

 ○…モットーは「一緒に懸命」。そうした下請け仕事が評価され、大手ゼネコン・竹中工務店からスカウトされた。「転職して初めて担当した箱根の吉池旅館が、神奈川県建築コンクールで最優秀賞を受賞した」と当時の資料を見ながら、まるで昨日のことのように語る。仕事は充実しており、高度成長を支えた自負もあったが、45歳で前妻を亡くしたのを機に、「子どもとの時間を大切にしよう」と独立した。

 ○…横浜に住んで約50年。50代になって社会貢献活動に目覚め、現在も長女が参加していた青年海外協力隊の支援を続けるほか、市内で放課後キッズクラブを運営するNPO法人の理事や東北の震災復興に尽力する中華料理店の顧問として活躍する。「残念ながら『金持ち』にはなれなかったが、『人持ち』にはなれた」と胸を張って語った。

神奈川区版の人物風土記最新6

浜田 太郎さん

創業時の人気メニューを復活させた島田橋やぶの店主

浜田 太郎さん

松本町在住 46歳

12月5日号

田村 和也さん

キャンドルナイト実行委員長を務める神奈川大学3年生の

田村 和也さん

六角橋在学 21歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

三ツ沢出身 57歳

11月14日号

出井 敏博さん

埼玉西武ライオンズからドラフト育成1位で指名された、神奈川大学野球部に所属する

出井 敏博さん

六角橋在住 22歳

11月7日号

荻原 朋子さん

横浜銀行アイスアリーナでスケートを習っている

荻原 朋子さん

90歳

10月31日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク