神奈川区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

9月2日、3日に開催されたナポリのピッツァコンテストで優勝した 今井 憲さん 片倉町在住 41歳

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena

いつ何時も最高のピッツァを

 ○…イタリアナポリで開かれたピッツァコンテストでこのほど、日本に優勝トロフィーを持ち帰った。イタリア内外で腕を磨く本場の「ピッツァイオーロ(職人)」が数多く参加するなか、日本人はただ1人。伝統的なナポリピッツァ部門でマルゲリータを作り、審査員の心を掴んだ。「雰囲気に飲まれず、平常心で臨めたのが優勝に繋がった。ピッツァの本場で現地の人たちに認められたのは嬉しいです」と笑顔。

 ○…「釜の温度が高すぎるから下げてくれ」と要望したのが勝利の決め手。「ピッツァは生き物。温度や湿度など周りの環境によって味も見た目も変わる」と説明し「その時々の最適な環境をコントロールすることが大切で、その繊細な部分をこだわれるのは日本人だからこそかもね」と語った。

 ○…菊名の出身。20歳を過ぎたころから、イタリア料理のコックをしていた父を手伝うなかで、ピッツァイオーロの道を志すことに。東京都内へ飛び出し複数の店舗で経験。「同じ職人がたくさんいるなかで、私を指名してくれたお客さんがいたんですが、一度だけでした」と振り返り「きっと気に入ってくれたピッツァと同じものが作れなかったからだと思いますね」と美味しい1枚を焼き続ける難しさ、やりがいを吸収した。

 ○…ナポリで修業した縁で4年前にナポリにある有名ピッツァ店の日本店として中区常盤町に「ラ フィーリア デル プレジデンテ」を開業。この店名を含め、ナポリのピッツァ店の名を背負う店舗は国内で4店舗のみ。日本中のピッツァ職人が訪れる名店となっている。「コンテストで優勝したところで、1日数千枚を焼く現地ピッツァ職人には敵いません」と謙遜。「何よりもお客様が満足するピッツァを提供できる努力をしていきたいです」

神奈川区版の人物風土記最新6

松島 昌子さん

神奈川区民生委員児童委員協議会の会長を務める

松島 昌子さん

片倉在住 75歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

望月 秀幸さん

かなっくホールで活動する「お囃子プロジェクト」の代表で、邦楽囃子演奏家である

望月 秀幸さん

37歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

反町在住 37歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

鈴木 史絵さん

癒しイベントを主催するワンネスハート&ハート実行委員会の代表を務める

鈴木 史絵さん

高島台在住 52歳

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク