神奈川区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

癒しイベントを主催するワンネスハート&ハート実行委員会の代表を務める 鈴木 史絵さん 高島台在住 52歳

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena

癒しのひと時、届けたい

 ○…「日常に追われてストレスを感じる事もある中で、イベントで癒され心身ともに元気になれる人が増えたら」。そんな思いで、今年8月に初めて占いやボディケアなどを無料体験できる催しを知人と企画した。「楽しかった」「自分を癒す時間が持てた」という参加者の声に押され、第2弾を12月22日にみなとみらい駅内のサブウェイギャラリーMで開催する。テーマは「出展者を含む皆が楽しめるものにする事」。「スッキリした気持ちで新年を迎えてもらえたら嬉しいです」

 ○…本業はセラピスト。40代後半で手に職をつけようと思い立ち、感覚を活かせる仕事として選んだ。必要以上に力を込めず施術者にとっても体の負担が少ない「スウェディッシュマッサージ」に興味を持ち、働きながら2年間近く毎週末学校に通い技術を取得。現在は桐畑にある実家の一部屋を借り、週末限定でサロンを営む。「体がガチガチだったお客様が少しの意識で変化していく姿を見るのが楽しい。もっと自分を可愛がってあげる人が増えてほしいな」と微笑む。

 ○…青木小・栗田谷中の学び舎で育った。高校卒業後はアパレルメーカー店長、不動産営業アシスタント、輸入家具の営業担当、電気設備の図面を描くCADオペレーター、小料理屋など興味を持った分野に次々飛び込んだ。「22歳の時に旅行先のハワイで鉢合わせた強盗に刺された事があって。それ以来自分の感覚を大切に、やりたい事をしてきました」と話す姿に実感がこもる。

 ○… 現在は大学生の息子と暮らす。好きな言葉はモットーでもある「一期一会」。サロンを経営する仕事仲間と他愛のない話をする時が今の楽しみだ。明るい笑顔と親しみやすい性格で周囲を惹きつけてやまない。

神奈川区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

大野町在勤 43歳

2月6日号

望月 秀幸さん

かなっくホールで活動する「お囃子プロジェクト」の代表で、邦楽囃子演奏家である

望月 秀幸さん

37歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

反町在住 37歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

浜田 太郎さん

創業時の人気メニューを復活させた島田橋やぶの店主

浜田 太郎さん

松本町在住 46歳

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク