神奈川区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

選手を中心に考える学童野球の枠組みを考案した 塚本 幸治さん 神奈川区在住 43歳

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena

子どもが真ん中の野球を

 ○…「子どもたちが野球を楽しめる環境を」との思いから、4月に「PLAYERS CENTERED GAMES」を立ち上げた。その名の通り、子どもたちを中心とした試合の場だ。現在、小学生が所属する市内9チームが参加する。

 ○…数年前、「野球をやりたい」という息子の声に背中を押され、複数の少年野球チームを見学したという。しかし、通わせたいチームを見つけられなかった。「勝ちを意識しすぎた練習や大人の行き過ぎた介入など、子どもたちは野球を楽しめているのか」と疑問を抱いた。それなら自らチームを立ち上げようと、2019年には西区を拠点とする総合型地域スポーツクラブ・みなとみらいクラブの野球部門として「ブルーウインズ」を創設し監督兼GMを務める。みなとみらい本町小学校や西中学校などを練習拠点にする。

 ○…千葉県船橋市の出身。高校では、県ベスト8に食い込む力のある野球部で練習に励んだ。大学卒業後は広告業界で働いて20年ほど。コロナ禍、在宅ワークは1年近いという。現在も社会人の野球チームに所属し、週末には汗を流す。結婚を機に横浜へ。現在は妻と息子、娘の4人で暮らす。「道が広くて車で走ると気持ちいい。横浜は大好き」と白い歯をこぼした。

 ○…チームのスローガンに「自調・自考・自動」を掲げる。「自ら調べ、考え、行動する、そんな自立した子どもたちを野球を通して育てたい」と語る。主体的に行動できる子どもが増えれば、地域社会への参画意識も変化すると期待する。まずは、その日に集まれる人でプレーする「個人参加型」の学童野球をめざす。すべては「野球好きな子どもを増やしたい」、それが純粋な思いだ。

神奈川区版の人物風土記最新6

宿本 諒太さん

F1を戦うY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを務める

宿本 諒太さん

区内在住 29歳

6月10日号

北川 有紀さん

ほどがや市民活動センター「アワーズ」のセンター長に就任した

北川 有紀さん

神奈川区在住 34歳

6月3日号

高橋 正規さん

神奈川区いまむかしガイドの会の会長を務める

高橋 正規さん

戸塚区在住 70歳

5月27日号

長谷川 慶さん

4月に結成したスーパーカー・スポーツカーコミュニティ(SSC)神奈川代表の

長谷川 慶さん

青木町在住

5月20日号

塚本 幸治さん

選手を中心に考える学童野球の枠組みを考案した

塚本 幸治さん

神奈川区在住 43歳

5月13日号

鈴木 正基(まさき)さん

4月から自主団体として独立した「はれ晴れウォーク」の代表を務める

鈴木 正基(まさき)さん

六角橋在住 71歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

アロマワックス講座

アロマワックス講座

沢渡三ツ沢地域ケアプラで

6月14日~6月14日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter