宮前区版 掲載号:2011年2月11日号
  • googleplus
  • LINE

平成22年度学校基本調査 区内児童の減少続く 市全体では10年連続の増加

教育

市内の区別小学校児童数(調査期日/平成22年5月1日)
市内の区別小学校児童数(調査期日/平成22年5月1日)

 川崎市が学校教育行政の基礎資料を得ることを目的に実施した平成22年度学校基本調査の結果が、先月25日に発表された。児童数は市全体で10年連続の増加となったが、宮前区は多摩区とともに前年度に続く減少となり、市全体でも今後少子化に傾くと見られる。

 調査は昨年5月1日時点の市内公立113校、私立4校を対象に実施された。公立と私立をあわせた市全体の児童数は7万1982人で、前年比406人増と10年連続の増加となった。なかでも川崎区、幸区、麻生区で比較的高い増加率を示した一方、宮前区は前年度から82人減の1万2474人だった。

 この結果について市総合企画局統計情報課では「増加した区では、大型マンション建設など開発・再開発が相次いだことも影響している」と分析する。ただし、全国的な少子化で増加率は落ちている。また幼稚園児数も4年連続減少していることから「いずれ市全体でも減少に転じる」という。

 いち早く開発が進み、街として成熟期にある宮前区。市では「調査結果を学校教育行政の基礎資料とする」としており、幼少中高含めた施策が注目される。
 

宮前区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

多世代の「繋がり」創出を提案

第6期区民会議

多世代の「繋がり」創出を提案

3月16日号

「人種差別条例に刑事罰を」

市民団体

「人種差別条例に刑事罰を」

3月9日号

春の全国大会連覇狙う

川崎北高ダンス部

春の全国大会連覇狙う

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

76歳、「真の鉄人」へ

平在住堀内さん

76歳、「真の鉄人」へ

3月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の旬を味わう地場産料理教室

参加者募集

春の旬を味わう地場産料理教室

みやまえC級グルメ交流会

3月24日~3月24日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク