宮前区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 企業に防災協力のススメ 区内では6社が登録

社会

ブルーのステッカーが協力事業所の目印
ブルーのステッカーが協力事業所の目印

 川崎市では大規模災害時における防災協力事業所の登録を呼びかけている。2010年からスタートした制度だが、8月27日現在の登録事業所数は39社。市総務局危機管理室では「企業向けのPRを積極的に行い、登録事業所を増やしていく」と話す。

 この制度は、地震や水害などの大規模災害時に、地域の救援活動に協力できる事業所等を登録することで行政・地域・企業が連携した防災体制を構築しようと2010年に制定された。 協力内容はバールやジャッキなどの資機材を用いた救出活動、人員の派遣、一時避難所の提供、飲食や衣類、寝具など物資提供など。

 現在の登録事業所は市内全体で39社。業種は主に建設業や電気会社など。区内では(有)高橋工務店、甲信電気(株)、(株)吉田商会、日東塗装(株)、(株)栄建、露木建設(株)の6社。今年8月に登録した露木建設では「災害時に少しでも地域の力になれれば」と話している。 

 市総務局危機管理室では「周知不足もあり、まだまだ登録が少ないのが現状。今後、防災訓練やイベントなどで企業に向けて広報を積極的に行なっていきたい」としている。予防担当部長の角田真康さんは「災害発生時、身近な企業が初期活動の一端を担ってくれれば」と期待する。

 問合せは危機管理室【電話】044・200・2795へ。
 

【PR】タウンニュース政治の村

神奈川県内および東京都町田市の全政治家(首長、市町村議会議員、県議会議員、都議会議員、衆議院議員、参議院議員)約1,000人のデータが検索できます。

http://seijinomura.townnews.co.jp/

宮前区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

区役所移転の可能性探る

鷺沼駅周辺再編整備

区役所移転の可能性探る

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

地域の郷土文化を後世へ

映画プロデューサー小倉美惠子さん

地域の郷土文化を後世へ

2月9日号

大賞は「おかしな!?」一皿

みやまえC級グルメ

大賞は「おかしな!?」一皿

2月2日号

介護予防へ三師会連携

医師・歯科医師・薬剤師

介護予防へ三師会連携

2月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク