宮前区版 掲載号:2014年5月16日号 エリアトップへ

川崎市街路樹点検 715本に要対応 宮前区は319本が対象に

社会

掲載号:2014年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 鷺沼駅前の商業施設の樹木の枝が落ち女児が重傷を負った事故を受け、川崎市が行った街路樹のケヤキとサクラの緊急点検の結果がこのほど発表された。7区合計4500本の内、枯れ枝等のあった樹木は715本。宮前区では319本の枯れ枝などが確認された。

 今回の点検は市内に4万本ある街路樹の内、枯れ枝の発生しやすいケヤキとサクラ4500本を対象に行った。点検は各区の道路公園センター職員が目視で行い、枝葉の状況、樹皮のはがれ、キノコ等腐朽菌の有無を調査した。

 結果は枯れ枝などが見つかった樹木が7区で715本で、その内伐採が必要な樹木が5本、剪定が必要な樹木が684本、樹勢が弱いなど樹木医による診断が必要な樹木が26本あった。

 宮前区は枯れ枝等のあった樹木が319本あった。伐採対象が3本で、剪定対象が314本、診断対象が2本だった。

 7区中、最多となったがこれは点検対象となったケヤキ、サクラの街路樹が他区に比べて1920本と多く、全体の4割を超えているため。街路樹が多い件に関しては街づくりの際に、景観を考えた整備を進めているためだという。

 今後はケヤキやサクラ以外の街路樹や公園内の樹木の点検も随時進める予定。こちらは6月ごろまでに完了させたいとしている。

 なお、市では樹木管理者に向けて点検ポイント、対応方法をホームページ(http://www.city.kawasaki.jp/)で紹介している。

宮前区版のトップニュース最新6

崩落危機 衛星で監視

(株)日豊

崩落危機 衛星で監視 社会

地盤変動、市と共同研究

5月27日号

パンと野菜で社会参画

有馬の福祉作業所

パンと野菜で社会参画 社会

農福連携の拠点オープン

5月27日号

宮前区、充足率96.6%

民生委員児童委員

宮前区、充足率96.6% 社会

市内最高 4者連携が機能

5月20日号

節目50回「挑戦」テーマに

宮前フィル演奏会

節目50回「挑戦」テーマに 文化

団員70人「根付かせたい」

5月20日号

保留児童242人

宮前区

保留児童242人 社会

前年比68人減

5月20日号

信徒監修「飲食店を元気に」

等覚院周辺グルメマップ

信徒監修「飲食店を元気に」 文化

祈祷を縁に制作

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook