宮前区版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

未婚のひとり親に控除適用 8月から34項目

社会

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は8月から、未婚のひとり親について、離婚や死別し再婚していないひとり親家庭並みに保育料や市営住宅の家賃などを減額するといった、いわゆる「寡婦(夫)控除」のみなし適用を実施する。

市内でも不服申し立て

 「寡婦(夫)控除」のみなし適用をめぐっては、09年に3人の未婚の母親からの日本弁護士連合会に人権救済の申し立てが行われたほか、今年5月には市内でも多摩区在住の4歳児の母親が保育料の見直しを求める不服申し立てを行っている。一方、昨年9月には結婚していない男女の子の相続分が結婚している子の半分である民法規定が「法の下の平等」に反するとの違憲判決が下され、12月には民法改正が行われた。こうしたことを背景に、みなし適用を実施する自治体が増え、川崎市でも実施されることになった。

市内750世帯対象

 川崎市の発表によると、小児医療、保育、自立支援医療、市営住宅の使用料など計34事業で「寡婦(夫)控除」のみなし適用を実施。10年の国勢調査をもとに算出すると対象世帯は約750世帯を想定し、保育事業では約100世帯が対象。

 申請は8月1日から開始し、各区役所などで受け付ける。10月末までに申請すれば今年4月1日まで遡ってみなし適用される。

 「ひとり親家庭の生活の安定に努めていきたい」と市担当者。今月下旬にはチラシの配布やホームページなどで周知を図る。

 詳細は、川崎市市民・こども局(【電話】044・200・2658)。

宮前区版のトップニュース最新6

三笘・田中選手に声援 続々

東京五輪サッカー代表

三笘・田中選手に声援 続々 スポーツ

「地域の誇り」出身校あげて

7月23日号

自由研究で「地域学んで」

宮前区

自由研究で「地域学んで」 教育

サイト活用 高学年対象に

7月23日号

B棟をシェアオフィス化

電車とバスの博物館

B棟をシェアオフィス化 社会

8月から個人向けに

7月16日号

先鋒全勝で貢献 全国へ

バドミントン

先鋒全勝で貢献 全国へ スポーツ

宮前平中出身 佐藤さん

7月16日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 社会

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

建造物AR化案を披露

インターネット歴史勉強会

建造物AR化案を披露 文化

佐藤さん「夢への一歩」

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

平和な未来のために

平和な未来のために

市民館で原爆展 6日から

8月6日~8月11日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter