宮前区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

(PR)

地域医療への取組みを紐解く 第11回 「健康教室」で更年期障害を学ぶ 聖マリアンナ医科大学病院

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena
真剣に耳を傾ける参加者ら
真剣に耳を傾ける参加者ら

 聖マリアンナ医科大学病院(区内菅生)が目指す『地域に根差した医療』への取組みを紐解いていく。

 今回は同医大病院が年に4回、地域住民や患者向けに無料で開催している健康教室「マリアビタミン」について。14日には「女性のための健康教室〜更年期について」が行なわれ、約20人が会場を訪れた。当日は産婦人科医師の五十嵐豪氏、腎泌尿器外科医師の小田恵子氏、産婦人科外来看護師の牧雅子氏が40代から50代における女性の身体の変化について解説した。

 女性が閉経前後、肩こりやほてり、腰痛、気分が沈むなどの症状で悩まされる更年期。女性ホルモンの減少により、脂質異常、高血圧、肥満などが増加することで心血管系疾患や骨粗鬆症のリスクも高まるという。女性なら誰でも起こりうる更年期症状だが、「何科を受診すればいいのか分からない」「出産後は産婦人科には行きづらい」など、悩みを抱える女性も多い。五十嵐氏は「症状は人それぞれ。日常生活に支障が出るほどの症状がでたら悩む前に受診してほしい」と話す。

 また、甲状腺疾患や鬱など、更年期障害に良く似た症状の疾患もあるため、自己判断せずに早めに受診することが大切だ。セミナーではこうした症状、診断方法のほか、更年期障害との上手な付き合い方などが紹介された。参加者からは「不安が解消された」「更年期のことがよく理解できた。まず食生活から見直したい」など、好評の声が多く聞かれた。五十嵐氏は「更年期障害はいつまでも続くものではないので悲観せずに相談してほしい。自分を大切にしましょう」と参加者にメッセージを送った。

 今後も肝臓病や頭痛、アレルギーなど様々なテーマで健康教室を開催予定(変更あり)。「ぜひ、気軽にご参加を」と同医大病院。

■同医大病院-【電話】044・977・8111(代表)

聖マリアンナ医科大学病院

川崎市宮前区菅生2-16-1

TEL:044-977-8111

http://www.marianna-u.ac.jp/hospital/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

デジタル化でより精度の高い治療を

口腔内スキャナ、CTを活用

デジタル化でより精度の高い治療を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

7月19日号

ガラポンで豪華賞品、「肉の日フェスタ」も

北部市場「関連組合」朝市

ガラポンで豪華賞品、「肉の日フェスタ」も

20日と27日の土曜日

7月19日号

安心の永代供養墓が4万円

後々の費用一切なし/宗派問わず

安心の永代供養墓が4万円

眞宗寺 川崎大仏が見守る霊園

7月19日号

「野川神明社が生まれ変わります」

「野川神明社が生まれ変わります」

天皇陛下御大典奉祝事業で境内整備

7月19日号

子育て支援新制度、認定こども園に注目

子育て支援新制度、認定こども園に注目

取材協力/健爽学園ゆりかご幼稚園

7月19日号

まずはプリップリッの大海老だ

創業祭第一弾

まずはプリップリッの大海老だ

”プ ロ も 認 め る「稲」の 味”

7月12日号

人生100年の暮らしに安心を

今話題の「リバースモーゲージ」も学べる

人生100年の暮らしに安心を

7月21日 ハウスクエア横浜で無料セミナー

7月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク