宮前区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

(PR)

医療リポート 「白内障の日帰り手術」とは 取材協力/ありま眼科

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 目の水晶体が白く濁ってくる病気「白内障」。「物がかすんだりして見えづらくなる白内障は特別な原因がなくても加齢に伴い誰にでも起こりうることです」と話すのは区内東有馬の『ありま眼科』御宮知達也院長。開業以来、年間250件以上の白内障治療を行っている御宮知院長に治療法について聞いた。

負担の少ない日帰り手術

 白内障は点眼薬で進行を遅らせることもできる。しかし、視力低下や視界が白くかすむなど、日常生活に不便を感じたら手術をする必要があるという。「以前は約1週間の入院が必要でしたが、医療技術の進歩で現在は日帰り手術が一般的になっています」と院長。手術では痛みの少ない点眼麻酔後、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、人工のレンズを入れていく。レンズは挿入後は一生取り換える必要もない。

 日帰り手術のメリットはその負担の少なさ。手術時間は10分程度で、術後の休憩時間を含めても3時間ほどで自宅に帰れるという。「目の手術は怖いという方もいるかもしれませんが、技術の進歩で材質の良い眼内レンズや安全性に優れた顕微鏡などの手術機械も開発されています。患者さんの負担や痛みもかなり軽減されてきています」

執刀医選びのポイント

 大切なのは手術だけでなく術後のケア。「執刀医が初診から術後までの経過を診てくれることが大切です。経緯を知っていることでアフターケアも安心して任せられますし、不安や疑問にもすぐ対応できます」。また、術前には診察1〜2回、術後は見え方の確認や感染症予防のための検診もあるという。「通院しやすいかどうかも含めて病院を選びましょう」

宮前ありま眼科

神奈川県川崎市宮前区東有馬5-23-22

TEL:044-870-8082

http://www.arimaganka.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

春のお祝いに「稲」の味を

卒業・入学シーズン

春のお祝いに「稲」の味を

お持ち帰り特典あり

3月27日号

骨の成長を考慮し、治療進める

抜かずに無理やり、早期の抜歯は要注意

骨の成長を考慮し、治療進める

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

3月27日号

KCSセンターに新院長

KCSセンターに新院長

「初回特別価格」でお試しを

3月27日号

待望のレンタルスタート!

一般家庭用階段リフト

待望のレンタルスタート!

記念セールで半額に

3月27日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

貸出フェア開催中!

3月27日号

無料で耐震診断

木造耐震診断士・一級建築士による リフォーム

無料で耐震診断

「成建リフォーム」で相談受付中

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク