宮前区版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

(株)メガロス パラアスリートに施設提供 川崎市と協定締結

スポーツ

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena
メガロスのスタジオで練習する和田さんとサポートする母の明子さん
メガロスのスタジオで練習する和田さんとサポートする母の明子さん

 川崎市とスポーツクラブ運営「株式会社メガロス」(本社/東京都渋谷区・大橋充社長)が、パラリンピックを目指す障害者アスリートに練習場として施設を無償提供する協定をこのほど締結した。種目はボールを投げたり転がしたりして目標球に近づけることを競うボッチャと水泳で、区内有馬の「メガロス鷺沼店」のプールとスタジオが無償提供される。

 川崎市は「2020東京オリンピック・パラリンピックに向けたかわさきプロジェクト取組方針」を策定し、スポーツ振興に力を入れている。その一環としてパラリンピック等を目指し市内で活動しているパラアスリートの練習環境を整備しようと、市内に施設を持ち、元々地域貢献を考えていた同社に協力を要請した。このような協定が締結されるのは市内で初めて。同社の大橋充社長は「この協定を契機に、さらに力になれることがあれば協力していきたい」と話した。

 鷺沼店での練習は2競技で約8人を予定している。市担当者は「これまで選手らは横浜や県外の施設で練習をしていた。同社の施設はバリアフリーの環境も整っていて、協力に大変感謝している」と話す。福田紀彦市長も「民間の施設の支援は大変ありがたい」とコメントしている。

 8日には同店のスタジオでボッチャの体験練習が行われた。利用したのは区内在住で2013年の日本ボッチャ選手権大会で優勝した川崎ボッチャクラブの和田一樹さん(20)。同店スタッフらと交流しながら約3時間の練習を行った。和田さんは「とても練習しやすく気に入った。家からも近くて嬉しい」と話した。

 今後は月に1〜2回を目安に、同店の定休日に練習場所として提供するという。同店の二井暖支配人は「パラリンピックを目指す選手の練習に貢献できて嬉しい」と話していた。

宮前区版のトップニュース最新6

崩落危機 衛星で監視

(株)日豊

崩落危機 衛星で監視 社会

地盤変動、市と共同研究

5月27日号

パンと野菜で社会参画

有馬の福祉作業所

パンと野菜で社会参画 社会

農福連携の拠点オープン

5月27日号

宮前区、充足率96.6%

民生委員児童委員

宮前区、充足率96.6% 社会

市内最高 4者連携が機能

5月20日号

節目50回「挑戦」テーマに

宮前フィル演奏会

節目50回「挑戦」テーマに 文化

団員70人「根付かせたい」

5月20日号

保留児童242人

宮前区

保留児童242人 社会

前年比68人減

5月20日号

信徒監修「飲食店を元気に」

等覚院周辺グルメマップ

信徒監修「飲食店を元気に」 文化

祈祷を縁に制作

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook