宮前区版 掲載号:2015年10月16日号 エリアトップへ

地域包括ケアシステム 市ビジョンの共有目指す 区で来月キックオフ企画

社会

掲載号:2015年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 市が策定した「地域包括ケアシステム推進ビジョン」の考え方の地域住民への共有を進めるため、宮前区はキックオフ企画として、11月3日に区民シンポジウムを開催する。

 「地域包括ケアシステム」は、地域で疾患を抱えながら生活する高齢者等の増加に対し、医療のみならず看護、介護、福祉、生活支援など必要なケアが、地域において一体的に提供されることが新たに求められることから、そのための仕組みとして提唱されたもの。

 川崎市では、ケアを「地域などでの生活の継続のために、自立した生活と尊厳の保持を目標として行われる支援や取組」と位置付け、高齢者をはじめ障害者や子ども、子育て中の親などのほか、現時点で他者からのケアを必要としない人たちも含めた「全ての地域住民」を対象としてシステムを構築するとし、推進ビジョンを策定した。

 第1段階として2018年3月末までに、市民らへの考え方の共有と、専門組織による必要な手法等の検討という土台づくり。第2段階として25年までに、地域での将来像の合意形成と各主体の役割に応じた具体的行動の実現。第3段階はさらなる進化を図る。

 これをうけ区ではキックオフ企画として、11月3日に区民シンポジウム『これからも活き活き暮らしていきたい、このまちで〜地域包括ケアシステムの構築に向けて、今私たちができること〜』を、宮前市民館で開催する。午後1時30分から4時30分。参加無料。当日先着180人。

 当日は、小林俊子田園調布学園大学教授による基調講演「今なぜ地域包括ケアシステムなのか」に続き、地域の代表者らによるパネルディスカッション、情報交換・質疑応答を予定。

 区では「このシンポジウムが、一人ひとりが何ができるかを考えるきっかけになったらと思います」と話している。

 問い合わせは、区地域保健福祉課【電話】044・856・3252へ。

宮前区版のトップニュース最新6

次の50年へ 思いつなぎ

聖マリアンナ医科大学

次の50年へ 思いつなぎ 文化

イルミ点灯で周年祝う

10月22日号

火災予防、地域一丸で

宮前消防署

火災予防、地域一丸で 社会

警察らと広報 キャラ一堂に 

10月22日号

インスタで情報発信

宮前第4地区民児協

インスタで情報発信 社会

区内初 若年層に周知へ

10月15日号

詐欺被害 未然に防止

タクシー運転手篠田一夫さん

詐欺被害 未然に防止 社会

宮前署から感謝状

10月15日号

全国上回る回復基調

宮前区基準地価

全国上回る回復基調 経済

鷺沼再開発に期待感

10月8日号

ジャイアンツJrに選出

宮崎台バーズ関弘太郎さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook