宮前区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

宮前フォトコン 第10回大賞に小松さん 2月12日から全作品を展示

文化

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 宮前区まちづくり協議会(片山秀夫委員長)と区主催の「第10回フォトコンテスト」の審査が20日に行われ、応募123点の中から入賞作品が決定した。

 大賞にあたる審査委員長特別賞に選ばれたのは区内在住の小松志保里さん。つつじの名所、神木本町の等覚院で少女が石から石へとジャンプする様子をとらえた。山口勝廣審査委員長は「歴史ある場所と今の子ども達が絡んだ動きのある情景を大胆に切り取っている」と作品を評価した。

 小松さんは2年ほど前から等覚院にすむ猫の撮影を始めたのをきっかけに、カメラを勉強しているという。昨年の同コンテストではふるさとみやまえ賞を受賞し、「今年は大賞を狙っていたので嬉しい。今後も色々な被写体に挑戦したい」と喜びを語った。

 同コンテストは毎年一般から写真を募集し、作品を通して区民に宮前区をより知ってもらおうと開催され、今年で10回目。「知ってほしい、わたしの好きな宮前区」をテーマに、今回も区内の様々な風景や行事、市民活動などのいきいきとした作品が寄せられた。

 審査は作品へのメッセージや題名も含め総合的に行われた。入賞作品には都会的な建物と田舎の田んぼを併せ持った風景、地域の農業体験の様子など市民目線ならではの作品が出揃った。(社)日本写真家協会常務理事を務める山口審査委員長は「人間味豊かな作品が多く、どの作品も今の宮前区が表れている。地域の記録として長く続くコンテストになれば」と話していた。

 応募された全作品は2月12日から17日まで宮前市民館市民ギャラリーで展示する(午前10時〜午後5時、15日休館)。また、13日以降は過去10回の入賞作品集も閲覧できる。今回実行委員長を務めた宮地隆弘さんは「ぜひ多くの方に地元の風景や活動を見て、知っていただきたい」と来場を呼びかけている。

 なお、入賞者は以下の通り(敬称略)▽審査委員長特別賞/小松志保里▽宮前区文化協会会長賞/秋元和人▽宮前区観光協会会長賞/渡辺邦光▽川崎市公園緑地協会賞/水野憲一▽まちづくり活動賞/山本一夫▽ふるさとみやまえ賞/みやまえ農の応援隊▽優秀賞/野川はあも・野村高康・親子学級「おひさま」2015・小澤久生・宮地美代子・辻敬一・中川芳夫・坪谷久男

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

特別養子縁組、普及に尽力

五所塚在住浅賀さん

特別養子縁組、普及に尽力 社会

「お話会」で経験語る

1月21日号

節目の10年 思い込めて

みやまえ情報ラボ

節目の10年 思い込めて 文化

市民記者が区長訪問

1月21日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

つながりテーマに記念事業

区制40周年

つながりテーマに記念事業 文化

式典は7月1日

1月7日号

地域再発見の1年に

新春インタビュー

地域再発見の1年に 社会

南区長、新年の抱負語る

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook