宮前区版 掲載号:2016年7月8日号 エリアトップへ

向ヶ丘遊園〜たまプラ間 バス開通に向け社会実験 8/1から採算性計る

社会

掲載号:2016年7月8日号

  • LINE
  • hatena
実験を行う路線
実験を行う路線

 向ヶ丘遊園駅南口とたまプラーザ駅を結ぶ、バスの新規路線の社会実験が8月1日から始まる。6カ月にわたる実験により、利用者数などを測定。採算性などを検討し、本格運用の有無、運行ダイヤなどを判断する。

 社会実験が始まる新規バス路線は、向ヶ丘遊園駅南口から「おし沼」「原ヶ谷」「東名向ヶ丘入口」「犬蔵小学校前」「宮前美しの森公園」などのバス停を通り、たまプラーザ駅に至るルート。途中、新たに「白幡八幡前」(新道)、「犬蔵」(たまプラーザ駅方向新設)、「犬蔵二丁目」のバス停が設けられる。

 このエリアは2007年度に区内犬蔵からたまプラーザ駅に抜ける道路が開通し、交通環境が大幅に改善された。それをうけ、区内の白幡地区や向ヶ丘地区、おし沼地区、犬蔵地区の住民らから、生活の利便性向上を目的に、たまプラーザ駅に直通するバス路線の新設を求める声が上がっていた。

 社会実験の期間は、8月1日から来年1月31日までの6カ月間。川崎市交通局と東急バス(株)の共同運行により実施する。期間中、たまプラーザ駅のバスターミナルの混雑を考慮し、平日は午前11時から午後4時台の間に8往復16本、土休日は午前10時から午後6時台の間に12往復24本を、いずれも平均40分間隔で運行する。

 実験では利用者数等を測定。その結果をうけて採算性を検討し、本格運用の実施の有無、実施の場合の運行ダイヤなどを判断する。

14日に宮前区で説明会

 市は、社会実験開始に伴い、7月14日(木)に宮前市民館第4会議室で説明会を開く。午後7時から。

 当日は、実験の概要と今後のスケジュールについて説明する。定員70人。

 問合せは、市交通政策室【電話】044・200・2034へ。

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

次の50年へ 思いつなぎ

聖マリアンナ医科大学

次の50年へ 思いつなぎ 文化

イルミ点灯で周年祝う

10月22日号

火災予防、地域一丸で

宮前消防署

火災予防、地域一丸で 社会

警察らと広報 キャラ一堂に 

10月22日号

インスタで情報発信

宮前第4地区民児協

インスタで情報発信 社会

区内初 若年層に周知へ

10月15日号

詐欺被害 未然に防止

タクシー運転手篠田一夫さん

詐欺被害 未然に防止 社会

宮前署から感謝状

10月15日号

全国上回る回復基調

宮前区基準地価

全国上回る回復基調 経済

鷺沼再開発に期待感

10月8日号

ジャイアンツJrに選出

宮崎台バーズ関弘太郎さん

ジャイアンツJrに選出 スポーツ

12球団選抜大会出場へ

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook