宮前区版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

宮前幼稚園 区内最古の園舎にお別れ 56年の歴史に幕

教育

昭和38年の園舎の写真を見ながら当時を振り返る忠男さん
昭和38年の園舎の写真を見ながら当時を振り返る忠男さん

 宮前幼稚園(学校法人亀ヶ谷学園・野川1060)=亀ヶ谷忠宏理事長=の第一園舎が、認定こども園移行に伴う園舎建て替えのため、5月上旬に解体される。

 同園が設立されたのは1961(昭和36)年。6年前には創立50周年を迎え、輩出した卒園生は1万人に達した。設立当時は高津区との分区前で、宮前地区では初の幼稚園。第一園舎はこの時に建築されたもので、増改築されているが幼稚園の園舎としては区内最古の建物だ。第一園舎の赤い屋根は設立当時の園舎のカラーを受け継いでいる。

 園の創立者で初代園長を務めた亀ヶ谷忠男さん(87)は「昔は田畑に囲まれていました。道路も舗装されておらず、バスがよくパンクしたものです」と往時を振り返る。

22日に「ありがとうの会」第一園舎で思い出づくり

 現在園長を務めるのは忠男さんの息子の忠宏さん(60)。孫の元譲(もとのり)さん(30)も参加し、三世代で園を支えている。認定こども園への移行を決め、新しい園が2018年4月に開園する。忠宏さんは「新しい園になっても自然を活かし、子どもにとって一番良い環境をめざしたい」と抱負を語る。

 第一園舎は4月の入学式で役目を終え、5月連休明けに解体工事が始まる。解体を前に4月22日(土)、「第一園舎ありがとうの会」が第一園舎で開かれる。

 卒園児の父親らが中心となって今年1月から準備してきたもので、思い出づくりのための様々なイベントが企画されている。午後1時〜5時。参加は在園児、卒園児とその保護者が対象で、無料で参加できる。問い合わせは宮前幼稚園【電話】044・766・7907。
 

解体前の第一園舎と亀ヶ谷さん一家。左から忠宏さん、忠男さん、元譲さん
解体前の第一園舎と亀ヶ谷さん一家。左から忠宏さん、忠男さん、元譲さん

宮前区版のトップニュース最新6件

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

区役所移転の可能性探る

鷺沼駅周辺再編整備

区役所移転の可能性探る

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

地域の郷土文化を後世へ

映画プロデューサー小倉美惠子さん

地域の郷土文化を後世へ

2月9日号

大賞は「おかしな!?」一皿

みやまえC級グルメ

大賞は「おかしな!?」一皿

2月2日号

介護予防へ三師会連携

医師・歯科医師・薬剤師

介護予防へ三師会連携

2月2日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク