宮前区版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

内科 採血でがんのリスクを検査できると聞きました

高橋 俊光院長
高橋 俊光院長
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人と、がんである人のアミノ酸濃度のバランスを解析する「アミノインデックスRがんリスクスクリーニング」という検査があります。

 がんである可能性を予測する検査で、1回の採血(約5ミリリットル)で胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん(対象/25歳〜90歳)に、男性は前立腺がん(40歳〜90歳)を加えた5種、女性は乳がん(25歳〜90歳)、子宮がん・卵巣がん(20歳〜80歳)を加えた6種のリスクを同時に検査することができます。早期のがんにも対応しています。

 がんは早期発見・治療がなによりも大切です。検査の選択肢のひとつとして検討してみるのもよいでしょう。当院でもこの検査を導入しております。気になる方はお近くの医療機関にご相談ください。

たかはしクリニック

神奈川県川崎市宮前区宮崎2‐13‐1

TEL:044-860-1555

http://www.takahashi-cl.com

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゲリラプロレスも

ゲリラプロレスも

22日にスポーツフェス

7月22日~7月22日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク