宮前区版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

内科・消化器内科胃腸内科 大腸内視鏡検査がこわい…検査の流れや詳細を知りたい

小西一男院長
小西一男院長
日本で増加傾向にある大腸がん。年間5万人弱の人が亡くなり、部位別死亡原因の第3位、女性では第1位です。早期発見のために、大腸内視鏡検査が重要な役割を果たします。

 多くの科学的データから腺腫性ポリープの一部が徐々に大きくなり大腸癌に至るものと考えられています。大腸ポリープ切除は、大腸癌の発生抑制及び癌死亡抑制に効果的であることが報告されています。ポリープ発生年齢も考えると40歳を過ぎたら、怖がらずに大腸内視鏡検査を受けていただきたいです。

 当クリニックでの大腸内視鏡検査は、前日早めの夕食をとり、就寝前に下剤を内服。検査当日は午前中に自宅で1・8リットル程度のスポーツドリンク味の下剤を服用します。個人差はありますが、7〜8回程度トイレに通って宿便のないきれいな腸にします。

 その後はクリニックで内視鏡検査を行います。鎮静剤を使用して緊張を和らげ、腸管を膨らませる際に炭酸ガスを用いることでお腹の張りを軽減させて、楽に検査を受けていただきます。検査は15〜20分程度で終了します。検査後は回復室でしっかり休んでから検査の結果説明を受けて終了です。また、ポリープが発見されれば同時に日帰りポリープ切除も可能です。検査に不安がある方は、専門医に相談し、納得の上、検査を受けましょう。

内科・消化器内科・胃腸内科 こにしクリニック

川崎市宮前区鷺沼1-3-13

TEL:044-888-0015

http://konishi-gastro.jp

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゲリラプロレスも

ゲリラプロレスも

22日にスポーツフェス

7月22日~7月22日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク