宮前区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

(PR)

『知っておきたい矯正治療のポイント』 シリーズ1 小児矯正の開始時期は早い方が良い? 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

 長い期間を要する矯正治療。大切な自分の歯を守るためにもしっかり理解して治療を受けたいもの。

 今回は「知っておきたい矯正治療のポイント」と題して、宮崎台やすい矯正歯科クリニックの安井正紀院長に治療において理解しておくべきことを聞いた。

 矯正治療において、誤解されやすい3つの事柄があるという。その誤解とは、【1】矯正治療は早く始めた方がよい【2】早く始めれば抜歯をしなくて済む【3】早いほどしっかり治る―というもの。今回は【1】の開始時期について解説。

顎の骨・口の成長に合わせて治療

 安井院長は「骨がない所には歯を動かせないため、子どもの個々の成長がある程度自然に出て、歯を動かす場所が確保できてから進めることが大切」と話す。

 矯正では口の成長を3方向に分けて考える。【1】横方向の成長(思春期前)【2】前後方向の成長(思春期を通じて)【3】上下方向の成長(思春期以降)―。この順に合うように治療に取組むことが必要だという。

 そのため、「小学校低学年(1、2年生)で横に広げる治療が施されることも多いが、当院ではそれほど早い時期には積極的に治療は行わず(反対咬合の場合除く)、顎の骨や口の成長を待って、小学校中学年以降(3、4年生)で行うことが理想的と考えています」と安井院長。

 次回は「【2】早く始めれば抜歯をしなくて済む」について。

田園都市線 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市宮前区宮崎2の12の1 宮崎台プラザ105

TEL:0120-8772-90

http://www.yasui-kyousei.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月15日号

院内感染予防の強化、安全安心の治療を

研磨ブラシの使い捨て化を実施

院内感染予防の強化、安全安心の治療を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月15日号

「地域のために」地元で働く

アリーノ図書室職員 急募

「地域のために」地元で働く

経験者歓迎!5月25日締切

5月15日号

「安心してのご利用を」

「安心してのご利用を」

平安会館みやまえだいら ご葬儀相談随時受付中

5月15日号

「共に学ぶ仲間が力に。明るく別人のように成長」

軽度知的・発達障がい者を支援

「共に学ぶ仲間が力に。明るく別人のように成長」

横浜健育高等学院で高卒資格取得のその先へ

5月1日号

外出不要!おうちでお買い物

外出不要!おうちでお買い物

留守置きOK こだわりの毎週2800品目

4月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

  • 5月16日10:27更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク