宮前区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

(PR)

『知っておきたい矯正治療のポイント』 シリーズ2 小児矯正、早く始めれば抜歯は避けられる? 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

 宮崎台やすい矯正歯科クリニックの安井正紀院長に聞く「知っておきたい矯正治療のポイント」第2弾。

 今回は2つ目の誤解、『早く始めれば抜歯しなくて済む』について矯正専門医としての考えを聞いた。

 安井院長は「前回、矯正治療の開始時期については、顎の骨や口の成長を待って治療を進めることが大切というお話をしましたが、抜歯についても同様のことが言えます」と話す。

 抜歯を避ける目的で、小学校低学年から口腔内を拡大する治療を提案されることが多くあると思われるが、これも個人の成長に大きく関わるという。矯正医が自由自在に口腔内をコントロールすることは難しいため、個人の持っている自然の成長発育で口の中が大きくならないことには歯を動かすスペースが確保できない。その結果、歯並びを整えるために抜歯せざるを得なくなってしまう場合があるという。そのため、早く始めたからといって必ず抜歯が避けられるわけではない。

 一方で、顎の自然成長を確認しながら治療を進めれば、歯を動かして整えていくことが可能となり、無駄な抜歯を避けることができる場合もある。安井院長は「大切なお子様の歯をなるべく抜かずに治療するためにも、成長発育の確認のためにお時間をいただくことがあることを理解してほしい」と呼びかけている。

 次回は3つ目の誤解「早いほどしっかり治る」について解説。

田園都市線 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市宮前区宮崎2の12の1 宮崎台プラザ105

TEL:0120-8772-90

http://www.yasui-kyousei.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

掲示板活用し、情報発信

「今、できることを」 宮前区町連

掲示板活用し、情報発信

行政と連携、安全安心に貢献

5月29日号

「医師が自宅に伺います」

365日&24時間体制

「医師が自宅に伺います」

在宅療養支援診療所「椿クリニック」

5月29日号

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月15日号

院内感染予防の強化、安全安心の治療を

研磨ブラシの使い捨て化を実施

院内感染予防の強化、安全安心の治療を

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月15日号

「地域のために」地元で働く

アリーノ図書室職員 急募

「地域のために」地元で働く

経験者歓迎!5月25日締切

5月15日号

「安心してのご利用を」

「安心してのご利用を」

平安会館みやまえだいら ご葬儀相談随時受付中

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日18:48更新

  • 5月23日19:33更新

  • 5月21日10:18更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク