宮前区版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

橘樹官衙遺跡群 「史跡公園」整備へ 市が保存活用計画を策定

文化

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena
たちばな古代の丘緑地周辺における整備イメージ例
たちばな古代の丘緑地周辺における整備イメージ例

 市は、市内初の国史跡に指定されている橘樹官衙遺跡群について、保存活用計画を策定し、先月公表した。同遺跡群の歴史的価値と魅力を広く周知するため、「史跡公園」の整備や保存管理、活用、管理運営体制等が盛り込まれている。

 橘樹官衙遺跡群は、高津区千年から宮前区野川にかけて所在。2015年3月に市内初の国史跡に指定された。

 市は同遺跡群を将来にわたり保存し、広く周知していくために保存活用計画を策定。保存管理や活用、整備、管理運営体制等について、基本方針と基準を示した。

 基本方針では、「史跡公園」として整備を図ることが盛り込まれた。市は「地域住民や市民らにとって憩いの場や交流の場としての利用とともに、学習の場となるように整備する」としている。併せて周辺に展開する歴史的・文化的資産との一体的な活用を図り、歴史や古代史を体感できる場を目指すという。計画地内にはすでに整備され供用されている「たちばな古代の丘緑地」があるため、それを活かした整備を行っていく。

 今年度中に公園整備のための基本計画をまとめ、来年度整備設計を行う予定。現時点では具体的な広さや中身については決まっていない。

 市はこれまで史跡の保全管理を行っている地元の史跡保存会の協力を引き続き得ながら、保存、管理運営を進めていくとしている。

 同遺跡群に関して活動する保存会の窓口的役割を果たしている影向寺重文・史跡保存会の柴原裕会長は「整備されればさらに注目される。特に保存管理は重要になってくる。これまで同様に力を入れていきたい」と話している。

宮前区版のトップニュース最新6

多世代交流でシニア応援

土橋在住西村さん

多世代交流でシニア応援 文化

地域包括センターと連携

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

女子プロ野球に入団内定

目指すは年間王者

北高ダンス部

目指すは年間王者 スポーツ

選抜大会で強豪と対決

11月1日号

自閉症の絵描き、NY(ニューヨーク)へ

宮前平在住佐藤楽音(がくと)さん

自閉症の絵描き、NY(ニューヨーク)へ 文化

個展開催に向け、支援募集

11月1日号

「内水氾濫マップ」作成

川崎市

「内水氾濫マップ」作成 社会

台風受け、来年度完成へ

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク