宮前区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

(PR)

眼科 白内障手術、レンズで見え方が変わる?

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

白内障は目の中でピントを調節している水晶体が濁り、見えにくくなる病気です。手術では、濁った水晶体を取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。この眼内レンズには「単焦点」と「多焦点」の2種類があり、選んだレンズによって手術後の見え方が変わってくるのです。

 「単焦点」は遠くか近くの1点にしか焦点を合わせることができないので、ほとんどの場合は眼鏡が必要になります。

 一方、「多焦点」は遠近両用(二重焦点)メガネと同じような物で遠くと近くの両方にピントを合わせることができます。そのため、メガネの使用頻度を減らすことが可能で、日常生活の質の向上が期待できます。ただし、若い時と同様の見え方が回復するという訳ではなく、適応するのに時間がかかったり、距離によって見にくい部分もでてくるためメガネが必要となる場合もあります。また「多焦点」が適していない方もいるので専門医と相談して選択することが肝要です。「多焦点」は保険適用外で、自由診療となります。当院では両方の眼内レンズに対応しているのでお気軽にご相談ください。

日帰り手術OK

 手術は通常10分程度で終了します。点眼麻酔により、ほぼ痛みがないため患者様の負担を軽減できます。

宮前平おがわ眼科クリニック

宮前区南平台19-14

TEL:044-975-4617

http://ogawaeye.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器のプロに聞こう

64年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

5月24日(火) 宮前市民館4階会議室で

5月20日号

デジタル活用の重要性【2】

デジタル活用の重要性【2】

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月20日号

お店のCM作りませんか

お店のCM作りませんか

動画・楽曲制作、編集もOK

5月13日号

血圧の薬、一生やめられないの?

患者の悩みごと相談室「教えて!きへい先生」【1】

血圧の薬、一生やめられないの?

5月13日号

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月13日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook