宮前区版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

NPO法人かぐやの里便り 障害者の自立支える 「今の自分を変えたい」をサポート

 NPO法人宮前かぐやの里は「障害者が地域で暮らせる場をつくりたい」とグループホームさくら(有馬)の運営等を通して障害者を支援している。

 渡邊寛美理事長は「親の高齢化などで家庭だけで支えるのが難しくなってきている。引きこもりがちになってしまっている場合も多い」と話す。

 同施設では共同生活に加え、地域行事への参加や就労支援等を通して地域で暮らし続けられるよう自立をサポートしている。「本人の意思を第一に尊重する。厳しさの中に優しさがある、家庭のような温かい施設です。現状でうまくいっていない、自分を変えたいという方は見学に来て体験入居してほしい」と渡邊さん。

■定員2人増員(男性)、2泊3日の体験入居募集中。【電話】044・750・0831

かぐやの里

神奈川県川崎市宮前区有馬3-7-17

TEL:044-750-0831

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

「冬休みの過ごし方で差がつきます」

冬期講習申込受付中

「冬休みの過ごし方で差がつきます」

11月16日号

資格を生かして地域貢献

ケアマネジャー 宮前平

資格を生かして地域貢献

11月16日号

区民は600円で1日体験

メガロス鷺沼

区民は600円で1日体験

11月16日号

愛犬にとって住みよい家とは

「はたらいふ」で無理なく仕事

就労継続支援B型事業所

「はたらいふ」で無理なく仕事

11月16日号

稲の”牛カツ”はリブロース

霜降りだから柔らかくて旨い

稲の”牛カツ”はリブロース

11月9日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク