宮前区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

NPO法人 宮前かぐやの里 渡邊寛美さんに聞く 「人が好き、まちが好き、緑が好き」を体現

―グループホームさくらの運営を通して、障害者の地域の居場所作りを進めていますね

渡邊―親の高齢化などで家庭だけで支えるのが難しくなり、引きこもりがちになってしまっている人も多いです。様々な事情がある人が、ひとつ屋根の下に暮らし、仲間同士支え合いながら自立を目指しています。

―地域活動にも積極的に携わっているとか

渡邊―地域の小学校の寺子屋で先生を務めたり、アリーノでの「おしゃべり会」等に参加しています。来年度からは川崎鷺沼ロータリークラブに入会し、活動していきます。「日々勉強」の精神でどんどん活動の場を広げ、様々な方との出会いを大切にしていきたいです。

―活動の原点は

渡邊―幼少期、新潟県にある曹洞宗の禅寺「雲洞庵」で生まれ、修行僧に囲まれて過ごしました。曹洞宗の理念の中に「子孫繁栄」「布教活動」「社会福祉に貢献」というものがありました。その教えが今の原点のように思います。また、映画「ねむの木の詩がきこえる」より「波のようにくりかえすのです。心をひらくその時までくりかえしましょう、急がずに…」という言葉が好きで、大切にしています。

―原動力はなんですか

渡邊―とにかく人との出会いに恵まれました。支えて頂いた多くの方に、地域に恩返しができればという想いが原動力になっています。近くの植木の里の自然を眺めたり、有馬温泉にゆっくり浸かるひと時も元気の源です。

NPO法人宮前かぐやの里

川崎市宮前区有馬3-7-17

TEL:044-750-0831

宮前区版のピックアップ(PR)最新6件

”平成最後”も「稲のかつ」

現品処分の大特価セール

新時代「令和」へ商品入替

現品処分の大特価セール

4月19日号

「老後の不安は解決できます」

司法書士による無料セミナー・個別相談会

「老後の不安は解決できます」

4月19日号

親子でボウリング大会

GW

親子でボウリング大会

4月19日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も

腰痛専門の治療院

4月19日号

春のモスぴー祭り美味しいイベント山盛り

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク