宮前区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

市子どもの権利条例 制定19年、認知低く 委員会 支援充実へ提言

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

 虐待等の人権侵害から子どもを守る「川崎市子どもの権利に関する条例」(以下条例)は制定20年を来年迎えるが、市民への認知度はいまだ低い。市子どもの権利委員会は先月、「子どもに対する支援の協働・連携」についての提言を市に提出。市は措置状況をまとめ、年度末に公表する予定だ。

 市民や有識者で構成される委員会は先月17日、子どもに関する課題解決に必要な支援の充実など5項目の提言を福田紀彦市長に提出した。児童相談所や総合教育センターなど、子どもや保護者が悩みなどを相談できる窓口を利用しやすくする身近な手段として、SNSの活用も盛り込んでいる。市担当者は「デリケートな話題のため敬遠されやすく、市民への周知が滞っている現状もある」と課題を指摘する。

 市は現在、川崎市子ども会議、かわさき子どもの権利の日の集いなど、子どもが参加し、自発的に意見を表明できる場を整備。子どもの権利に関する年2回の情報紙発行、スポーツイベントでの啓発資料配布などの周知活動も進めているが、市担当者は「制定当時より条例への注目が薄れている」と頭を抱える。

 条例について、市が03年から3年ごとに実施している市民アンケートによると、17年の認知度は子どもが49・7%、大人は38・3%。子ども、大人ともに認知度は半数以下だった。

市民団体も尽力

 市内各区の市民団体も条例や子どもの権利について啓発活動に力を注ぐ。その1つ、「かわさき子どもの権利フォーラム」は、市内小中学校のほか、大人向けの講演会等を企画している。受講生からは「子どもに権利を与えるとわがままになるのでは」と懸念する声もある。同団体の1人は「権利保障が脅かされると、子どもがSOSを発信できず、いじめや虐待の被害が深刻化する恐れがある。意見を発信する権利は年齢に関係なくある」と権利への理解を呼びかける。

 市は引き続き、子どもの権利や条例について知りたい市民団体がいれば、行政職員や専門家を派遣するなど支援に努める。

宮前区版のトップニュース最新6

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

計画策定「見える化」へ

新 市民館・図書館

計画策定「見える化」へ 文化

区民意見を反映

10月11日号

来秋から4年間利用休止

西長沢公園

来秋から4年間利用休止 スポーツ

スポーツ会場不在の危機

10月11日号

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇)

犬蔵在住木戸修さん

狙うはダブル(連覇)とターキー(三連覇) スポーツ

県ボウリング代表の名将

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

10月4日号

値上げ難航、経営影響も

市バス運賃

値上げ難航、経営影響も 社会

市、資金不足19億円の試算

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク