宮前区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

鷺沼駅前再開発 川崎市、庁内横断で検討へ 3部会など新体制に

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

 宮前区役所、市民館・図書館を現地から移転・整備する鷺沼駅周辺の再開発事業について、川崎市は今年度の取り組みを発表した。庁内で横断的な連携をする新たな検討体制がスタート。市民館・図書館の整備に向けて意見交換会も実施する。

 市は前年度、鷺沼再開発について「鷺沼駅周辺再編整備公共機能検討会議」を設置して公共機能に関する調査検討を行ってきた。今年度は名称を「宮前区のまちづくりにおける公共機能検討会議」に改め、役割分担を整理。組織を改編した。

 意思決定機能を担う「検討会議」は藤倉茂起副市長が座長を務め、前年度の体制に消防局長と健康福祉局長、こども未来局長を加えたメンバー構成に。その下に調査検討や全体の取り組みの調整機能を果たす「幹事会」がある。

 各課題に関して具体的な調査検討をする「部会」は、『新宮前市民館・図書館・区役所整備検討部会』『現区役所等施設・用地活用検討部会』『向丘出張所機能検討部会』の3つの部会とした。

 新たな検討体制は4月に立ち上がり、キックオフの会議も既に開かれている。市市民文化局の担当者は「区の拠点が動く大きな事業。庁内の横の連携を図る必要がある」と話す。

新市民館・図書館基本計画策定へ

 今年度中に新しい市民館・図書館の基本計画案の策定を進める。市民意見を聴取する意見交換会(ワークショップ)は、2回の開催を予定しており、公募20人、無作為抽出20人の計40人で実施する。また、無作為抽出した600人へのアンケート、区民祭などで意見聴取するとしている。

建物概要の公表も

 民間の再開発準備組合による環境アセスメント手続きは今年9月までに着手されるスケジュールで、再開発事業の建物計画概要が公表される見通し。地域住民に対する説明会や意見書提出の機会がある。また都市計画手続きの素案説明会などで市民意見を聴取する。

宮前区版のトップニュース最新6

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

7月19日号

地域の交流、脈々と20年

地域の交流、脈々と20年 社会

向丘地区の「北部会」

7月19日号

外国人相談窓口を拡充

川崎市

外国人相談窓口を拡充 社会

11言語で対応 7月中めど

7月12日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

秋の4連休 今年も

川崎市立校

秋の4連休 今年も 教育

保護者、教員に「有休」促す

7月5日号

手足口病の患者急増

宮前区

手足口病の患者急増 社会

流行警報基準値超え

7月5日号

「本の紹介」100号到達

犬蔵在住渡部康夫さん

「本の紹介」100号到達 教育

自宅で子ども文庫を主宰

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク