宮前区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

宮前区 手足口病の患者急増 流行警報基準値超え

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

 発疹や発熱などの症状を伴う手足口病の患者数が増加している。宮前区内では6月17日〜23日の期間に定点当たりの患者数が6・83人となり流行発生警報基準値(定点あたり5・00人)を超えた。川崎市は予防の徹底と脱水への注意を呼び掛けている。

 市によると、市内の小児科37施設(定点)で定期的に実施している感染症の発生状況の調査の結果、手足口病の患者数が急激に増加しているという。

 6月17日〜23日の市内の手足口病の患者報告数は定点あたり4・57人。6月3日〜9日の1・00人から急増した。

 特に、宮前区と川崎区の定点当たりの患者報告数が、それぞれ6・83人、10・60人と流行発生警報基準値を超えており、市内の複数の保育園では集団発生も確認されている。

 例年、6月頃から徐々に増え、ピークは7月中旬になる傾向。2015年、17年に流行し、昨年は落ち着いていたが、今年は流行年の傾向に類似しているため、今後も患者数が増えることが予想されるという。

 手足口病は3日から5日間の潜伏期間があり、手足と口の中に水膨れができる感染症。特別な治療は必要としないが、口内の発疹が痛みを伴い、水分や食事を摂ることが困難になる場合があるため、脱水症状への注意が必要だ。

 患者のおよそ9割は6歳以下の乳幼児。ほとんどの場合は軽症で済むが、38℃前後の発熱を伴うケースもあり、まれに髄膜炎や急性脳症を合併する恐れがある。

 経口、飛沫、接触のいずれでも感染するため、市健康福祉局保健所感染症対策課では、流水と石鹸での十分な手洗いや、手拭タオルの共用を避けること、オムツ交換等の際の排泄物の適切な処理による予防を呼びかけている。

宮前区版のトップニュース最新6

未着工で38億円支出増

川崎市新庁舎

未着工で38億円支出増 社会

完成予定、2023年に延期へ

12月13日号

西部療育C(センター)にツリー寄贈

西部療育C(センター)にツリー寄贈 文化

世界で活躍 中川さん

12月13日号

社交ダンス、3大会で優勝

白井泰昭さん(野川本町)

社交ダンス、3大会で優勝 スポーツ

世界への挑戦権を手に 

12月6日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化 

12月6日号

市内報告数 過去10年で最多

人食いバクテリア

市内報告数 過去10年で最多 社会

宮前区で5件

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

藤森さん「現代の名工」に

藤森さん「現代の名工」に 文化

区内唯一 鷺沼のパン職人

11月22日号

田園アスレ&スイミングスクール

夏休み短期水泳教室と定期会員募集中!

http://www.den-en.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク