宮前区版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

人食いバクテリア 市内報告数 過去10年で最多 宮前区で5件

社会

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内で、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎=溶連菌とともに、「人食いバクテリア」とも呼ばれる劇症型溶血性レンサ球菌感染症の報告数が急増。11月10日までの累計報告数が過去10年で最多の15件となった。宮前区でも市内最多の5件が報告されている。

 市内における劇症型溶血性レンサ球菌感染症の報告数は、例年10件以下だった。しかし今年は11月4日から10日に4件の報告があったため、累積数が15件となり過去10年で最多となっている。

 宮前区が川崎区と並び5件。次いで麻生区が3件、高津区が2件となっている。男性の罹患報告が多く、全体の80%を占めているという。

 劇症型溶血性レンサ球菌感染症は、主にA群溶血性レンサ球菌によって引き起こされる感染症。飛沫や、本人も気付かないほど小さな傷口から感染することもあるという。初期症状は患部の急激な痛みを伴う腫れと発熱、咽頭炎などがみられる。30歳代以上によく見られ、発病後数十時間以内に、急速に症状が重篤化。人によっては、数時間で多臓器不全やショック状態から死に至ることもあるという。

 市感染症情報センターは「小さなけがでも、異常な腫れと激烈な痛みを伴う際には、医療機関へ」と呼びかけている。

溶連菌も急増

 過去5年間平均からやや高いレベルで推移していたA群溶血性レンサ球菌咽頭炎=溶連菌も、11月11日から17日に前週の定点当たり3・03人から4・73人に急増している。

 同週の市内の溶連菌報告数は175件。そのうち宮前区は54件と最多で、高津区は42件、川崎区34件、多摩区23件、幸区10件、麻生区9件、中原区3件。「例年これから冬にかけて増える傾向にある」と、同センターは注意を呼び掛ける。

 溶連菌は風邪のような症状と、人により紅い点状発疹と、イチゴのように舌にポツポツとした発疹が出る苺舌が特徴。接触や飛沫により感染するため、患者との接触を避け、手洗いなどが予防対策として有効だという。

宮前区版のトップニュース最新6

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

響け 幼なじみの八重奏

野川中吹奏楽部

響け 幼なじみの八重奏 文化

県金賞、東関東大会に出場

1月17日号

「『ご近助』の取組を大切に」

「『ご近助』の取組を大切に」 社会

高橋区長にインタビュー

1月10日号

宮前区から聖火ランナー

2020東京五輪

宮前区から聖火ランナー スポーツ

県内最高齢の五島さん

1月10日号

箱根駅伝“かける”思い

宮前平中出身神林選手

箱根駅伝“かける”思い スポーツ

2年越し本選出走なるか

1月1日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

野川神明社  境内整備が完了

野川神明社 境内整備が完了 文化

 令和元年度 天皇陛下御大典奉祝事業

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

車いすフェンシング体験

パラリンピック正式種目 湯けむりの庄

車いすフェンシング体験

日本代表選手が登場

1月26日~1月26日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク