宮前区版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

西部療育C(センター)にツリー寄贈 世界で活躍 中川さん

文化

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena
ツリーの前で下段左から2番目が石渡さん、右上が中川さん
ツリーの前で下段左から2番目が石渡さん、右上が中川さん

 児童発達支援センター・川崎西部地域療育センター(柴田光則所長)に、世界で活躍するフラワーアーティストの中川聖久さん=葉山町在住=が6日、クリスマスツリーを寄贈した。同センター利用者の母親である石渡和代さんと中川さんの思いが一致し、一足早いクリスマスプレゼントとなった。

 中川さんは、世界らん展日本大賞や、グッチ、ブルガリなどハイブランドのイベント会場の装飾をするなど、世界で活躍するフラワーアーティスト。中川さんは15年ほど前に息子が入院。クリスマスシーズンにも関わらず、病院にクリスマスらしさは微々たるもので「何かできることがあるのでは」と考えていたという。

 区内でブライダル業界誌を制作している石渡さんは、中川さんと仕事で8年ほどの付き合いがある。石渡さんの息子・一起くん(8)は同センターに通っており、「地域に助けられている恩返しを何かの形でしたい」という思いを中川さんに相談。「人を喜ばせる術を活かしたい」という中川さんの意向と合致し、ツリーの寄贈に向けた話は半年ほど前から動き出した。センターは安全を第一に考え、協議を何度も重ね実施に至った。

 寄贈されたのは、中川さんが作成した2対のオリジナルツリー。2対とも人の背丈ほどで、親子をイメージしたという。

 ツリーが設置されると、通所する親子が自然と集まり、笑顔の輪が広がった。中川さんと石渡さんは「このために来たんだ」と手ごたえを感じていた様子。

 石渡さんは「障がい者施設への寄贈の動きが少しずつでも広がっていったら」と話し、中川さんは「病気や障がいのリハビリを頑張っている子どもたちと、それを支える家族にも、温かい良いクリスマスを」と話した。

宮前区版のトップニュース最新6

人権啓発で市表彰

東有馬石山さん

人権啓発で市表彰 社会

ハンセン病、正しい理解訴え

9月17日号

「録音」で交通安全に一役

白幡台小放送委員会

「録音」で交通安全に一役 社会

パトカーから注意喚起

9月17日号

テニススクールが開業へ

宮前平駅前跡地

テニススクールが開業へ 社会

来夏の竣工目指す

9月10日号

女子野球県選抜主将に

有馬中安立梨子さん

女子野球県選抜主将に スポーツ

全国大会へチームけん引

9月10日号

24年の歴史に幕

カワサキハロウィン

24年の歴史に幕 文化

「これまでの参加者に感謝」

9月3日号

梨品評会で市長賞

西野川在住川名さん(46)

梨品評会で市長賞 社会

前期の部65点から

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook