宮前区版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

宮前区内 休業要請、対応に苦慮 店主ら「一刻も早い収束を」

社会

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
臨時休館が決まった図書館
臨時休館が決まった図書館

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言に伴い、神奈川県は4月10日、休業要請の対象施設などを公表。宮前区内の施設や店舗、企業でも休業、短縮営業を実施して対応に当たっている。  (4月14日起稿)

 休業要請の対象となったのはカラオケなどの遊興施設や運動施設、パチンコ店、学習塾、生活必需品小売店舗を除く商業施設(床面積1000平方メートル以上)など。期間は4月11日から5月6日まで。

 区内の大手進学塾は緊急事態宣言翌日には4月8日から21日までの休校を決定。大型連休に振り替え予定だったが、行政からの休業要請を受け「今後どうなるか分からない。状況をみて判断する」と話す。現在はオンライン上のアプリを活用して家庭学習の進捗確認を実施しているという。

 区内の建設会社では原則車通勤とし感染対策に努める。ショールームなどが一部業務を休止していることから、有休を活用し週休3日の勤務体系で業務にあたっている。

 生活必需品販売店を含む複数のテナントが並ぶフレルさぎ沼では、4月8日から営業時間を短縮。一部テナントは休業している。同日時点で民間店舗の休業要請は実施されていなかったが、「なぜ営業を続けているのか」という苦情の声も寄せられたという。同店担当者は「夕方以降の来店者数は減っているが、なんとか乗り切るしかない」と話し、「適切に対応するためにも休業対象など、もっと早い段階ではっきり指針を示してくれれば」と訴える。

 休業や失業で生活資金が必要になった市民への国の貸付制度「生活福祉資金」の相談窓口となる区社会福祉協議会には、3月25日の受付開始から問い合わせが相次いだ。

 コンビニや保育所など生活に必要な施設については感染対策の協力要請となった。区役所職員は現状、時短出勤やテレワークは行っておらず、市の統一見解に基づいて対応するという。一部相談窓口は休止しているが各種手続きは行える。

 飲食店に対しては営業時間短縮の協力要請が出ており、酒類の提供は午後7時までとなったことを受け、区内の居酒屋では休業を決めた。「これまでなんとかやってきたが、時間の指定もあり厳しい。一刻も早い収束を願う」と胸中を語った。

宮前区版のトップニュース最新6

「認知症カフェ」オンラインで

「認知症カフェ」オンラインで 社会

グリーンハイツなど 県が支援

4月16日号

半世紀ぶり制服改定

菅生中学校

半世紀ぶり制服改定 教育

生徒主体にデザイン決定

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

住宅地9年振り下落

宮前区公示地価

住宅地9年振り下落 社会

16地点がマイナスに

4月9日号

危険なバス停 8カ所

宮前区内

危険なバス停 8カ所 社会

国交省 調査結果を公表

4月2日号

選手紹介にパラアート

みのり会×川崎BT

選手紹介にパラアート 社会

大型ビジョンに14人の肖像画

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク