宮前区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

(PR)

苦痛の少ない大腸内視鏡検査 シリーズ【18】 「排便のときに血が混じる…」 取材協力/こにしクリニック

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena

 「排便のときによく血が混じる…」「便が出にくく、残便感がある」など気になる症状を日頃から抱えている人も多い。

 鷺沼駅近くの「こにしクリニック」の小西一男院長は「目に見える出血はもちろんのこと、健康診断の便潜血検査で陽性となった場合にも是非、大腸内視鏡検査を受けるべき」と話す。便潜血検査では、目に見えて血が混ざっていなくても陽性となるという。

 便潜血検査の大腸がん検出感度は80%以上。大腸ポリープも便潜血陽性の原因になる。腺腫性ポリープの一部が癌化することで大腸癌に至ると考えられているため、早期発見が重要だ。

 大腸内視鏡検査は「辛そう」というイメージを持つ人も多いが、同院では苦痛の少ない内視鏡検査を実践している。鎮静剤を使用して緊張を和らげ、炭酸ガスで腸管を膨らませて検査を行う。炭酸ガスの使用は検査後お腹の張りを軽減することに有効。検査は15〜20分程度。

 同院ではポリープを100倍近くに拡大観察できる拡大内視鏡や画像強調機能を使用し、精度の高い検査を実践。ポリープ日帰り切除も可能。

こにしクリニック

神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-3-13 鷺沼東急アパート1F

TEL:044-888-0015

http://konishi-gastro.jp/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

山下保子 日本画展

山下保子 日本画展

総理大臣賞受賞記念 5月14日から

5月14日号

「外出不要」の車売却

「外出不要」の車売却

無料出張査定・ハッピーカーズ

5月14日号

7月末まで特別価格

UV除菌付き給湯器 ホクト

7月末まで特別価格

5月14日号

相続・不動産の悩み解決

相続・不動産の悩み解決

6月12日(土)・19日(土) 無料相談会

5月7日号

「補聴器、慣れなければ買えません」

「補聴器、慣れなければ買えません」

自宅に居ながらリモート調整も

5月7日号

感染予防として訪問診療は有効?

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter