神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2020年12月11日 エリアトップへ

ツリー点灯「思い」込め 聖マリと療育センターで

社会

公開:2020年12月11日

  • X
  • LINE
  • hatena

 クリスマスを前に、宮前区内で聖マリアンナ医科大学と児童発達支援センター・川崎西部地域療育センターにツリーが設置された。

 聖マリアンナ医科大学で11月30日、対コロナの最前線に立つ医療従事者に希望の光を届けようと、クリスマスイルミネーションの点灯式=写真上=が行われた。

 明石勝也理事長は「できる事、やらねばならない事を、力を合わせ頑張ってきた。この光が少しでも救いの光、希望の光となれば」とあいさつ。カウントダウンでイルミネーションが点灯し病院入口を青く染めると、道行く人から歓声が上がり、写真を撮る人も多く見られた。

 今年のイルミネーションは約7万球に規模を拡大し、ブルーライトに変更。午後4時30分から11時、来年3月31日まで毎日点灯させる。

子どもたちへ

 児童発達支援センター・川崎西部地域療育センターでは、フラワーアーティストの中川聖久さん(葉山町在住)から1日、クリスマスツリーが寄贈された。

 同センター利用者の母親である石渡和代さんと中川さんの思いが一致し、昨年に続き2度目。

 石渡さんはブライダル業界誌を発行しており、「コロナ禍でブライダル業界、またそれに付随する業界も多大な影響を受けている」と話す。「誰かに喜んでもらえることが私たち業界の喜びで、活力」と寄贈の意義を語った。中川さんは「子どもたちや家族に良いクリスマスを、業界も盛り上がれば」と話した。
 

寄贈されたツリー
寄贈されたツリー

宮前区版のトップニュース最新6

「地域力」に重点

宮前区予算案

「地域力」に重点

資源活用、つながり強化

2月23日

被災地で多くの活動担う

市消防航空隊

被災地で多くの活動担う

能登半島地震受け

2月23日

ドイツ語で「第九」披露

作業所合唱団

ドイツ語で「第九」披露

4年ぶりコンサート

2月16日

教育・脱炭素に重点

川崎市予算案

教育・脱炭素に重点

市長「100年、その先予算」

2月16日

市自治功労賞に山田さん

市自治功労賞に山田さん

平日向でリーダーシップ

2月9日

働き方改革で表彰

川崎市

働き方改革で表彰

6社に市長「感謝」

2月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    コラム㊹専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

    2月23日

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook