宮前区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

川崎市立中 女子用スラックス、6割 市教委「近年増加傾向に」

教育

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
スラックスも選択肢に(菅生中)
スラックスも選択肢に(菅生中)

 防寒や性の多様性への配慮などを理由に、神奈川県内では約6割、川崎市でも同様の状況で女子の制服(標準服)にスラックスを選択できる学校が広がっている。導入校が毎年増えている。

 神奈川県教育委員会の調査では、県内の市町村立中全407校のうち、約6割にあたる237校で女子生徒のスラックスを導入。159校が「個別に対応する」とし、11校は制服がない。

 川崎市教育委員会によると、市立中でもここ2、3年で増加傾向にあり、現状は半数以上の学校で女子のスラックスに対応。生徒や保護者の意見がきっかけになることもあれば、学校側が率先して対応するケースもあるという。

 富士見中(川崎区)では在校生や新入生、保護者の声を反映させ、2022年度から女子の標準服にスラックスの導入を決めた。取り組みを進めた保護者の一人、菊田由佳さんは「動きやすさからズボンを好んで履く女の子もいる。スカートが理由で学校に行きづらくならないよう自分らしくいられるために選択できることが大切」と話す。

 一方、周囲と異なる制服を着ることに抵抗のある生徒や保護者が多いと感じたという。「学校と子どもと保護者が一緒になって多様性を考える必要がある」とも語る。

「自由選択」導入も

 今年度から標準服をモデルチェンジしたことにあわせ、「完全自由選択制」を取り入れたのは菅生中(宮前区)だ。性別による色や形の指定はせず、共通の色やデザインで、スラックス、スカート、ブレザー、ネクタイ、リボンなどの組み合わせは生徒の判断にゆだねる。選択制について金子清校長は、「選択の幅を広げることで、子どもたちが自分で判断する力をつけてほしい」とねらいを話す。

 対応については学校ごとの判断だが、市教委として「女子用に限らず制服の困りごとがあれば対応し、教員に対する研修や啓もう活動など、学校支援も継続していく」と担当者は話している。

宮前区版のトップニュース最新6

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

住宅地9年振り下落

宮前区公示地価

住宅地9年振り下落 社会

16地点がマイナスに

4月9日号

危険なバス停 8カ所

宮前区内

危険なバス停 8カ所 社会

国交省 調査結果を公表

4月2日号

選手紹介にパラアート

みのり会×川崎BT

選手紹介にパラアート 社会

大型ビジョンに14人の肖像画

4月2日号

コロナ対策地域に還元

向丘第一地区民児協

コロナ対策地域に還元 コミュニティ社会

小冊子製作し地区に配布

3月26日号

地域学び、いざ創立50周年

富士見台小5年生

地域学び、いざ創立50周年 コミュニティ教育

クラスごと「応援企画」

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク