宮前区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

(PR)

無理な抜歯、また抜かずに無理やりの矯正は要注意 中高生の矯正治療は画像診断必須 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 中高生の歯列矯正では、骨の成長がほぼ止まってきているため、歯の移動をどのように設定するかが重要だという。

 「がたつきがあるからといって単に抜くだけでなく、また抜く事を嫌がって無理やり非抜歯で矯正治療を行うという事は両者とも良くない。重要なのは上下の前歯の位置を決めて、抜歯が必要か否かの判断をすることが大切です」と「宮崎台やすい矯正クリニック」の安井正紀院長は話す。

 前者のようにがたつきがあるからといって、する必要のない抜歯をすると、前歯が下がり過ぎるために、顔と歯並びの調和が取れなくなってしまう。一方で抜かないで無理に歯を並べると、必ず口元の突出感が起きる。さらに歯を支えている歯槽骨から歯が飛び出した状態をつくることになり、人工的な歯周病を招いた事になってしまうのだという。そのためにはCTなどを含めた画像診断が必須となり、しっかりとした歯の診断が重要となってくる。

 同院では、CTだけでなく顎運動検査や、上下歯列の位置関係を解析する三次元診断も取り入れている。安井院長は「歯並びに関する不安や悩み、お気軽にご相談ください」と話している。

田園都市線 宮崎台やすい矯正歯科クリニック

川崎市宮前区宮崎2の12の1 宮崎台プラザ105

TEL:0120-8772-90

http://www.yasui-kyousei.com/

宮前区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器のプロに聞こう

64年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

5月24日(火) 宮前市民館4階会議室で

5月20日号

デジタル活用の重要性【2】

デジタル活用の重要性【2】

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

5月20日号

お店のCM作りませんか

お店のCM作りませんか

動画・楽曲制作、編集もOK

5月13日号

血圧の薬、一生やめられないの?

患者の悩みごと相談室「教えて!きへい先生」【1】

血圧の薬、一生やめられないの?

5月13日号

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

補聴器相談・花粉症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)など幅広く対応

かかりつけ医として「患者様に優しい医療」を提供

東有馬『菅野耳鼻咽喉科』

5月13日号

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

営業は安心の完全予約制貸出フェアも開催中!

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook