宮前区版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

元宮前署長小坂さん 防犯経験を1冊に集約 ボランティアで施設配架

社会

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena
冊子を手に防犯を呼び掛ける小坂さん
冊子を手に防犯を呼び掛ける小坂さん

 元宮前警察署長で、現在区内の障害者向けグループホームの施設長を務める小坂公造さん(71)が、これまでの経験を生かして防犯のための冊子を作製。区内の施設に配架し、地域の安心安全を呼び掛けている。

 A4サイズ10枚を綴じた冊子のテーマは『犯罪と依存症から身を守るために』。「依存症が犯罪につながる」との持論から、依存症の症状や診断法、防止策のほか、「24時間こどもSOSダイヤル」や「にんしんSOS」「ギャンブル依存相談」など具体的な相談先の電話番号などを掲載。窃盗や詐欺、悪人など犯罪から身を守るための方法も一緒にまとめ、提言としている。

 約40年にわたり警察官として奉職してきた経験をもとに、3年以上かけて参考文献を探し、時には取材もしながら手掛けてきた。完成したものを印刷し、綴じる制作代は自費だ。それでも作成に踏み切ったのは、「防犯の手引きとして使ってもらい、少しでも被害を未然に防げれば」との思いから。

 自身が施設長を務める南野川の同ホームの近くで交流があったことから、半年ほど前から有馬・野川生涯学習支援施設アリーノに冊子を配架。冊子をファイルし保存版として保管している高齢者もいるという。「地域の安心安全をまもっていきたい」と、配架先の拡張も視野に入れながら、徐々に手を加え更新を続けている。

地元に恩返し

 小坂さんは神奈川県警各署で、生活安全課や県警本部少年課などを経て、1989年には防犯課長として、2004年には署長として宮前警察署に勤務した。定年後、署長時代に交流のあった『かぐやの里』の渡邊寛美理事長に誘われ、現在も同ホームに務めている。小坂さんは「宮前の人は温かく縁がある。安心安全に暮らせる地域になるよう、地域に恩返しができれば」と語った。

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

特別養子縁組、普及に尽力

五所塚在住浅賀さん

特別養子縁組、普及に尽力 社会

「お話会」で経験語る

1月21日号

節目の10年 思い込めて

みやまえ情報ラボ

節目の10年 思い込めて 文化

市民記者が区長訪問

1月21日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

つながりテーマに記念事業

区制40周年

つながりテーマに記念事業 文化

式典は7月1日

1月7日号

地域再発見の1年に

新春インタビュー

地域再発見の1年に 社会

南区長、新年の抱負語る

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook