神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年5月31日 エリアトップへ

市制100周年コラボ事業 川崎版「うんこドリル」誕生 「子どもの権利」楽しく解説

教育

公開:2024年5月31日

  • X
  • LINE
  • hatena

 子どもたちに大人気の「うんこドリル」の川崎特別版となる『川崎市×うんこドリル 子どもの権利』が完成した。市制100周年を記念し、川崎市が全国で初めて条例化した「子どもの権利」について、おなじみの「うんこ先生」が解説。市はこのドリルを使ったワークショップのマニュアルも作成し、ドリルとセットでの活用を呼びかけている。

 川崎市は2001年、全国に先駆けて「子どもの権利に関する条例」を施行した。今回の「川崎市×うんこドリル 子どもの権利」では、この条例が保障する「子どもの権利」を改めて市民に普及するため、市制100周年のタイミングで市が企画。「うんこドリル」シリーズを生み出した出版社・文響社(東京都)が作成した。

 ドリルでは「安心して生きる権利」「自分を守り、守られる権利」などの「子どもの権利」を20ページに渡り、「うんこ先生」からのクイズ形式で解説している。読み手に届く内容にするため、市は2023年度にワークショップを開催。子どもたちから実際の「困りごと」を教えてもらい反映した。巻末には子どもたちが相談できる窓口を複数紹介している。

市制70周年で機運

 「子どもの権利」の保護に川崎市が動いたのは市制70周年を迎えた1994年だった。この年に日本が国連の「子どもの権利条約」を批准したことから、市は記念事業として本格的な「子ども会議」を開催。この「会議」が継続し、条例制定につながる機運が生まれた。

 市はかねて「子どもの権利条例」の普及に努めてきたが、市制100周年を機にテコ入れをすべく、市民団体などと意見交換を続ける中で、「うんこドリル」のアイデアが出たという。

 今回あわせてドリルを使ったワークショップのマニュアルも作成。希望する市民団体や個人を対象に、ドリルとマニュアルをセットで配布していく。市の担当者は「この機会に子どもも大人も『子どもの権利』の理解を深め、条例の精神をしっかりと浸透させていきたい」と話している。問い合わせと申し込みは川崎市青少年支援室の青少年育成・子どもの権利担当【電話】044・200・2344。

 7月には市内3カ所で「お披露目イベント」も開催する。参加自由、雨天決行。会場など詳細は川崎市のウェブサイト。

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

区内2人が県代表に

女子学童野球

区内2人が県代表に

7月下旬に全国大会へ

7月12日

移設でさらに充実へ

市若者文化創造発信拠点

移設でさらに充実へ

DeNAが事業運営「可能性広げる」

7月12日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

飛躍祭 音、食、スポーツに沸く

7月5日

宮前の魅力語り合い

みやまえBASE

宮前の魅力語り合い

さぎ沼会議室で市民交流

7月5日

建替完了 きょうから運用

宮前消防署宮崎出張所

建替完了 きょうから運用

女性職員の当直想定

6月28日

「お魚を好きになって」

北部市場水産仲卸協同組合

「お魚を好きになって」

宮崎台幼稚園で食育授業

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook