神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年5月31日 エリアトップへ

市内産梅、出荷始まる 6月下旬まで

社会

公開:2024年5月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
梅を収穫する持田さん(5月27日撮影)
梅を収穫する持田さん(5月27日撮影)

 川崎市内産の梅の収穫が5月中旬から始まった。東有馬の農家・持田康夫さん(69)は、38年前から梅の栽培に着手。試行錯誤の末、現在は年間約3tを出荷している。「今年も例年どおり順調に育った。新鮮な梅を食べてもらいたい」と呼びかける。

 持田さんは現在、住宅街の中にある約20aの畑で、「白加賀」「玉英」「梅郷」など7品種の梅40本ほどを栽培。昨年からは米ぬかを元肥料として活用し、ふっくらと丸みのある実を育てている。食べ応えのある3Lサイズ(36mm)が中心で、購入者からも「果汁たっぷりでおいしい」と評判という。

 今年は、例年より約1週間早い5月中旬から収穫を始めた。ピークは6月上旬で6月下旬まで続く。持田家では年間約3tをJAセレサ川崎の大型農産物直売所「セレサモス」に出荷。妻の眞弓さん(64)は、自宅に併設された加工場で梅干しシフォンや梅ジャムパンなどのオリジナル加工品の販売も手掛けている。持田さんは「今日収穫した梅が、明日にはセレサモスの店頭に並ぶのが都市型農業の利点。新鮮さが一番。ぜひ味わってもらいたい」と話す。

 約50年前に就農し、梅の栽培は38年前に始めた。転機となったのは20年前に受けたJAの指導だった。「選定と肥培管理、受粉樹について、教えられたとおりにやったら収穫できるようになった」と笑顔で振り返る。

 市農業実態調査によると、市内の梅の延べ作付面積は約332a、収穫量は約1万315kg。セレサモスには昨年、28人の梅生産者が出荷した。

選果機で大きさごとに選別
選果機で大きさごとに選別

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

区内2人が県代表に

女子学童野球

区内2人が県代表に

7月下旬に全国大会へ

7月12日

移設でさらに充実へ

市若者文化創造発信拠点

移設でさらに充実へ

DeNAが事業運営「可能性広げる」

7月12日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

飛躍祭 音、食、スポーツに沸く

7月5日

宮前の魅力語り合い

みやまえBASE

宮前の魅力語り合い

さぎ沼会議室で市民交流

7月5日

建替完了 きょうから運用

宮前消防署宮崎出張所

建替完了 きょうから運用

女性職員の当直想定

6月28日

「お魚を好きになって」

北部市場水産仲卸協同組合

「お魚を好きになって」

宮崎台幼稚園で食育授業

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook