神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

鷺沼駅前 夕夜におしゃべり 20代企画の酒なし社交場

社会

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
来店者と談笑(6月7日)
来店者と談笑(6月7日)

 「お酒なしで、ふらっと寄れる場を」――。鷺沼駅前で5月下旬から、夕方から終電近くにオープンする話すことが前提のコミュニティースペース「夕夜カフェ」が開催されている。「オーナー」の須田展正さん(28)は「仕事帰りや学校帰りに、気軽に話をしに立ち寄ってもらえれば」と呼びかける。

 「夕夜カフェ」は、さぎ沼会議室(鷺沼3の1の40)で、水〜日曜に開催。日ごとに異なるが、午後6時頃から開かれる。ドリンク1杯1000円で時間無制限。酒類の提供はない。雑談のほか、PC作業も可能だ。

 始めたきっかけは実体験。体調を崩し、処方薬との相性で酒を飲むことができなくなった須田さん。それまで、友人と会うのに酒の場は必然。その場での会話で救われてきたことも多かった。

ただ話をする空間を

 一方、状況が変わったことで「酒に頼らなくても、気軽に集える空間をつくってしまえばよいのでは」と思いついた。「病気、育児など何らかの事情でお酒を飲めない人がいる。そもそもお酒が苦手という人、飲む気分ではない人もいる。ふらっと来て、ただ話をする。そんなことができたら楽しいかも」

 スタート1カ月前に企画し、知人を頼って同所でのオープンにこぎつけた。間接照明など備品を揃え、オープンかつ居心地の良い雰囲気づくりに努めている。

 駅前の立地もあり、会議室前の看板から興味を持つ人も多いという。6月7日には、前々日に看板を見た男性が仕事終わりに訪れた。身の回りの話題に花が咲き、男性は晴れやかな表情で帰路についていた。

 須田さんは訪れた人の話を聞くことに徹する。スタンスは「お地蔵さんになること」だ。「相談だとしても明確な助言はしない。素性も詳しくは聞かない。誰かがいて、ちょっとしゃべるだけで違うと思うから」

 今後は、テーマに沿って議論を交わす「哲学カフェ」などの企画も考えているという。オープン時間など詳細はインスタグラム。

コーラ片手に笑顔の須田さん
コーラ片手に笑顔の須田さん

宮前区版のトップニュース最新6

トウモロコシ畑を迷路に

とんもり谷戸

トウモロコシ畑を迷路に

若手農家が収穫イベント

7月19日

高井選手「金めざす」

川崎フロンターレ

高井選手「金めざす」

パリ五輪サッカー代表に

7月19日

区内2人が県代表に

女子学童野球

区内2人が県代表に

7月下旬に全国大会へ

7月12日

移設でさらに充実へ

市若者文化創造発信拠点

移設でさらに充実へ

DeNAが事業運営「可能性広げる」

7月12日

100年 オール川崎で祝賀

100年 オール川崎で祝賀

飛躍祭 音、食、スポーツに沸く

7月5日

宮前の魅力語り合い

みやまえBASE

宮前の魅力語り合い

さぎ沼会議室で市民交流

7月5日

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook