神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

10周年を迎えたNPO法人車椅子の会サイレントフットの会長を務める 佐藤 利章さん 南区在住 59歳

公開:2024年3月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

足音立て、力強く前へ

 ○…和製英語で『静かな足』。「未来に向け足音を立てて進み、社会に知ってもらいたい」。名前にそんな思いを込めた。自身も40歳で車椅子に。「車椅子利用者が住みやすい社会に」と団体を設立。BBQ大会やサッカーJ2チームの試合に障害者、子どもを招待する企画などを行ってきた。「助けてもらうばかりではなく、僕らも社会にとけ込む勇気が必要。両者の『待ち合わせ場所』になれたら」。

 ○…山形県で生まれ、小学生のときに東京へ。中高時代はリーゼントに長ランで「やんちゃ」も。中学からの付き合いである妻によると「人に優しく真っすぐな性格」とのこと。高校中退後、食品会社などで営業を経験し会社を起業。39歳で中古車会社の取締役に就き、これからというときに脊髄梗塞を発症した。『あなたの足は2度と動かない』と医者から言われたとき「さすった足の感覚がなかったことを今も覚えている」と語る。

 ○…孫2人の祖父でもある。「責任感の方が強くて孫に対しても厳しくなっちゃう」と苦笑い。近所に住む娘家族は頻繁に訪れ「明るくて楽しい」と笑顔をみせる。子ども好きで小中学校への講話も力を入れる。伝えるのは「障害者に何かしようと考えなくていい。目の前にいる人を大切にしよう」。真意は「思いやりが『癖』づく人が増えれば、未来で救われることになる」と語る。

 ○…「活動できるのは支えてくれる家族とスタッフのおかげ」と感謝を口にする。2年前、就労継続支援B型事業所を開所。利用者がリモートワークを選べるなど、環境を整える。自身が活動した当時より「社会は良くなっている」としながら「でもまだまだ未熟。だからこそもっといい街にしたい」と力強く前を見据える。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

並木 さとみさん

相模原市立博物館の館長に4月1日付で就任した

並木 さとみさん

中央区在住 58歳

5月30日

横山 雅弥さん

「福祉カーニバルin橋本」の実行委員会代表を務める

横山 雅弥さん

中央区在住 37歳

5月23日

生方 美夫さん

ギャラリー誠文堂で5月20日から個展を開く

生方 美夫さん

中央区在住 73歳

5月16日

御手洗 理英さん

相模原市美術協会の会長に4月1日付で就任した

御手洗 理英さん

中央区在住 64歳

5月9日

東 正充(あずま まさみ)さん

相模原商工会議所青年部(相模原YEG)の第28代会長に就任した

東 正充(あずま まさみ)さん

南区在住 42歳

5月2日

原 幸治さん

橋本図書館の館長を4月1日から務める

原 幸治さん

中央区在住 56歳

4月25日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook