神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

ギャラリー誠文堂で5月20日から個展を開く 生方 美夫さん 中央区在住 73歳

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

人と自然をつなぐ

 ○…「自然と共生する生活」をたくさんの人に伝えたいと、30年以上、野山で採った素材で作品づくりを続ける。「長いこと『自然との対話』をテーマに制作活動を続けてきた。人が線を引かなければ、どこにいても自然と対話することはできる」と説く。今回の個展では実物の薬草を展示、効能なども記し学びの要素も取り入れる。「図鑑では分からないことが多い。作品を通じて自然の恵みを五感で楽しんでほしい。それが自然と対話する第一歩だと思う」

 ○…自然に恵まれた群馬、渋川の地で育つ。子どもの頃の遊びと言えば山菜採りや川釣り。「家はランプ生活、風呂はドラム缶風呂だったな」と昔を懐かしむ。大学進学を機に上京。卒業後は都立高教諭や大学講師などを経て1984年に妻の出身地である相模原で塾を開いた。「リラックスできる環境で子どもたちに学ばせたい」と自ら山小屋を手造りし、合宿やイベントを実施。夏休みに米国でサマースクールを開くなど話題の塾だった。独学で作品づくりを始めたのもこの頃。3年前に塾は閉校したが、生徒たちが個展に顔を出すことも多い。「うれしいよね」と顔がほころぶ。

 ○…趣味は読書に映画鑑賞。吉田拓郎や荒井由実を聴きながら作品をつくることも。「健康でいないと何もつくれない」と、自然のものを食すように心掛けている。「山の恵みをいただいたりね。自家製の梅干し、お一つどうそ」と笑顔。

 ○…個展や講演で一年中全国を飛び回る。「個展をすると、人と人との出会いができるよね。それが続ける1番の理由かな」と目を細める。今後は「もう少し完成度を上げて、美術教科書に載るくらいの作品がつくれるよう頑張りたい」。自然のエネルギーを味方に夢に向かい走り続ける。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

山口 和明さん

企画展「飛躍する相模原市」を開催中の相模原市立公文書館の館長を務める

山口 和明さん

三ケ木在住 61歳

6月20日

石原 奈津美さん

ワハハ本舗のメンバーでラジオ「FM HOT 839」でリポーターを務める

石原 奈津美さん

南区在住 30歳

6月13日

中尾 拓哉さん

「SUPER OPEN STUDIO」の10周年記念書籍の編者を務めた

中尾 拓哉さん

中央区在住 42歳

6月6日

並木 さとみさん

相模原市立博物館の館長に4月1日付で就任した

並木 さとみさん

中央区在住 58歳

5月30日

横山 雅弥さん

「福祉カーニバルin橋本」の実行委員会代表を務める

横山 雅弥さん

中央区在住 37歳

5月23日

生方 美夫さん

ギャラリー誠文堂で5月20日から個展を開く

生方 美夫さん

中央区在住 73歳

5月16日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook