神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2011年10月20日 エリアトップへ

「町田の一大イベントに」 アレサふれあいまつりが初開催

社会

公開:2011年10月20日

  • LINE
  • hatena
【1】警察犬のデモは大勢の観客で賑わった【2】即完売となった一関市のりんご直売【3】ダンスやチアなど、子どもたちのステージは拍手喝采だった【4】笑顔でゼルビア選手と触れ合う姿もみられた
【1】警察犬のデモは大勢の観客で賑わった【2】即完売となった一関市のりんご直売【3】ダンスやチアなど、子どもたちのステージは拍手喝采だった【4】笑顔でゼルビア選手と触れ合う姿もみられた

 アレサ商栄会主催の商工学・地域連携による小山地区の初開催イベント「第1回アレサふれあいまつりinまちだテクノパーク」が15日、同パークイベントスペースで開催された。

 昨年、小山商栄会が35周年を迎え、アレサ商栄会に名称を変更。「あれさー、どこにあるの?どこに頼めばいい?」といった暮らしの疑問に役立つ商栄会になろうと名づけられた。新しいまちづくりを目指す同会はこれを機に、地域に根ざして活動している各種団体が互いに交流し、協力し合える催しを開催しようと同イベントを企画した。

 キャラクターデザインや冊子はサレジオ工業高等専門学校が担当。防犯・防災もテーマに掲げようと当日は南大沢警察署、町田消防署西町田出張所の協力を得て警察犬のデモやレスキュー隊実演なども実施。FC町田ゼルビアサッカーパークを開設して選手と子どもが交流できる場も設けた。

 岩手県一関市のとれたてりんごと野菜の直売は僅か1時間半で完売。スタッフらは「前日から6時間以上かけて運び込んだ甲斐があった。皆さんが温かくて嬉しかった」と振り返った。

 佐藤通実行委員長(=今週の人物風土記掲載)は「一丸となって計40回以上に渡り会議や打合せをしたおかげで思い出に残る第1回となった」と喜びを語った。

 会場や機材などの設備を提供したまちだテクノパークの鍵谷敏博理事長は「小山は町田の中心地から離れているが、少しでも地域貢献して市全体の活性化に繋げたかった。何十年も続いて”町田の顔”になるように協力していく」と話した。
 

町田版のトップニュース最新6

チーム盛り上げ、20年

ゼルビアスポーツクラブ

チーム盛り上げ、20年

教室運営 地域とつなぐ

4月11日

名物商店街 今月、代替わり

名物商店街 今月、代替わり

町田仲見世 歴史引き継ぎ

4月11日

道路の不具合LINEから

町田市

道路の不具合LINEから

迅速「送信」に期待

4月4日

負けなしで「3月首位」

ゼルビア

負けなしで「3月首位」

J1名門撃破 街に影響も

4月4日

青色で「自閉症理解」周知

青色で「自閉症理解」周知

福祉関係者ら4月に企画

3月28日

「卵子凍結」助成を継続

東京都

「卵子凍結」助成を継続

昨秋、開始 28年度までに

3月28日

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook