町田版 掲載号:2016年9月15日号 エリアトップへ

活き活きシニア「ソフトボール」 町田メイツが全国大会出場 10月 長崎のねんりんピックへ

スポーツ

掲載号:2016年9月15日号

  • LINE
  • hatena
東京都大会で優勝した町田メイツのメンバー(昨年10月=町田メイツ提供)
東京都大会で優勝した町田メイツのメンバー(昨年10月=町田メイツ提供)

 町田市内で活動するシニアソフトボールチーム「町田メイツ」が、長崎県10月15日(土)〜18日(火)の4日間開催される日本全国の60歳以上の人々を中心とした健康と福祉の祭典「ねんりんピック長崎2016」に東京都代表として出場する。

 ねんりんピックの愛称で親しまれている「全国健康福祉祭」は、厚生省創立50周年を記念して、1988年に兵庫県で第1回が開催されて以来、毎年開催されている。今年の会場は長崎県が担当。

 町田メイツは、20代〜80代約50人のメンバーで構成され、町田市全域で活動する強豪チーム。週2回、市内のグラウンドで練習や試合を行っている。60歳からの「シニア」、65歳からの「ハイシニア」、70歳からの「スーパーシニア」の大会に参加しており、10日にもスーパーシニアの試合で勝利し、17日(土)の青梅・永山公園で行われる準決勝に進出した。「最年長は80歳。年齢制限のない町田市の大会などには若い人たちも含めたメンバーで出場します。孫くらい離れた子たちに負けずに頑張っています」と岡山孝夫監督(74)。60歳未満の若い世代は同大会には出られない為、コーチとしてサポートに回る。

 強さの秘訣は「練習量」と、チーム代表でエースの新井達夫さん(63)。「中高年は休むと体力が落ちてくる。グラウンドの確保など、練習できる環境があるかないかでチーム力は変わると思う。メンバー全員が『東京都で優勝し、全国に行くチーム』と自覚し、しっかりとした目標に向かっているから、厳しい練習でもつらいと思わず楽しんでできている」と話す。岡山監督は「ソフトボールをやっているから健康なのか、健康だからソフトボールができるのか。動けるうちに楽しみたい」と意気込む。

町田版のローカルニュース最新6

「私たちの道」22本の名前が決定

【Web限定記事】芝好園自治会 60周年記念事業

「私たちの道」22本の名前が決定 社会

1月28日号

ナラ枯れ被害250本

【Web限定記事】町田市 小山田緑地

ナラ枯れ被害250本 社会

1月28日号

地域共生社会の実現へ

地域共生社会の実現へ 社会

各事業所の発表をWEB配信

1月28日号

新たな視点で日本文学、絵本原画の魅力に迫る

【Web限定記事】町田市民文学館ことばらんど

新たな視点で日本文学、絵本原画の魅力に迫る 文化

1月28日号

町田市公立小中学校作品展

【Web限定記事】市立国際版画美術館

町田市公立小中学校作品展 文化

1月28日号

FWドゥドゥ選手が完全移籍で加入

【Web限定記事】FC町田ゼルビア

FWドゥドゥ選手が完全移籍で加入 スポーツ

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月19日~2月19日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク