町田版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

法政大学桜美林大学 「100%の力出し切る」 箱根駅伝予選会に出場

スポーツ

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
法政大学駅伝チーム
法政大学駅伝チーム

 いまや正月の風物詩となっている「箱根駅伝」。来年1月2日・3日に行われる第93回東京箱根間往復大学駅伝競走への出場権をかけた予選会が10月15日(土)、立川市で開催される。町田市内からは昨年に続き法政大学と桜美林大学の2校がエントリー。予選突破に向け、両校とも体制は万全だ。

 今年の予選会には昨年より1校多い50校が出場。各校10〜12人が陸上自衛隊立川駐屯地〜立川市街〜昭和記念公園の20Kmのコースを一斉に走り、上位10人の合計タイムで競う。本線に進むのは上位の10校。

 法政大学は昨年の予選会で総合タイム10時間11分03秒の7位で本選出場権を獲得。しかし本選では1区から出遅れ、結局19位でフィニッシュ。目標としていたシード権を逃した。坪田智夫監督は「昨年はエースが力負けした結果。それをほかのメンバーで盛り返す力もなかった。本選後ずっと、この予選会に向けて厳しい練習を行ってきた。ケガ人も出ず、昨年より良い夏合宿を過ごせたと思う」と話す。注目は2年の坂東悠汰選手。箱根駅伝では4区を走り、その後の調整も万全。坪田監督は「他大のエース級と互角に戦える」と期待を寄せる。「今ある100%の力を出し切らないと予選通過はない。1秒を競うレースになるので、小さなミスをなくすようにしていきたい」と意気込む法大チーム。昨年のリベンジに、チーム一丸で臨む。

 一方、発足3年目の挑戦となるのは桜美林大学。昨年は総合タイム10時間54分45秒の30位だった。「ようやく3学年となり、チーム内での競争もできるようになった。5000mを14分台で走る選手の加入もあり、層は厚くなっている。でもまだ3学年。焦らずに自力をつけたい」と真也加(マヤカ)ステファン監督は話す。注目は監督自ら母国・ケニアでスカウトしてきたレダマ・キサイサ選手(1年)。1万m29分22秒台の走力で、ケガにより欠場となった主力のラザラス・モタンヤ選手(3年)に代わり、チームを引っ張っていく。真也加監督は「うちはまだ他大チームと競うレベルではない。夏合宿でやってきたこと、自分の持っている力を出し切ること。そして前回より上の順位を目指したい。一歩一歩だよ」と話した。

 明後日15日(土)、午前9時35分スタート。

桜美林大学駅伝チーム
桜美林大学駅伝チーム

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

実施期間を1年延長

まちだ〇ごと大作戦

実施期間を1年延長 社会

コロナ禍で35件実施できず

6月4日号

お店の取組みさまざまに

お店の取組みさまざまに 社会

町田市商連加盟の各店で

6月4日号

飲食デリバリーを開始

東日本タクシー

飲食デリバリーを開始 社会

新機軸で地元を応援

5月28日号

バラ840株 華やかに

野津田公園

バラ840株 華やかに 社会

今の広場で「最後の見ごろ」

5月28日号

ドライブスルーで野菜販売

【Web限定記事】

ドライブスルーで野菜販売 社会

「密」状態の不安を解消

5月21日号

元気な顔を見たいから

【Web限定記事】

元気な顔を見たいから 教育

町田こばと幼稚園でオンライン入園式

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月8日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク