神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2019年4月4日 エリアトップへ

町田こばと幼稚園 国際バカロレア認定園に 国内一条校で東京都初

教育

公開:2019年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
認定証を掲げる神蔵聖子園長(左)とかおる副園長
認定証を掲げる神蔵聖子園長(左)とかおる副園長

 1966年に創立し、50年以上にわたり幼児教育・保育に携わる学校法人神蔵学園が運営する町田こばと幼稚園(神蔵聖子園長)は3月17日、主体的な学びや思考判断力を育てる「国際バカロレア」(IB)のうち、3〜12歳を対象としたプログラム(PYP)の認定園に決まった。

 IBは国際バカロレア機構(本部/スイス・ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラム。未来に向けた問題解決力を持ち、国際的に通用する創造的な人材育成を目指すもので、現在世界150以上の国・地域において約5000校が認定されている。

 町田こばと幼稚園では、「多様な経験を通して、未来を生き抜く力を育むこと」という教育理念が、IBの「探求型授業」によりグローバル人材を育成するという理念と一致すると、2016年9月に申請。一般的なインターナショナルスクールなどを除く、学校教育法第1条に規定されている「一条校」としては全国で3園目、都内では初のPYP認定となった。

自らの力で考え実践グローバルな視野

 PYPのカリキュラムは「私たちは誰なのか」「どのような場所と時間にいるのか」「どのように自分を表現するか」「世界はどのような仕組みになっているか」「私たちは自分たちをどう組織しているのか」「この地球を共有するということ」という教科の枠を超えて取り組む6つのテーマと、「言語・社会・算数・芸術・理科・体育」の6教科を学習することを基準としている。

 認定を受け、神蔵かおる副園長は「各国からの留学生との交流や英語教育だけでなく、海外インターンの学生たちと組み、インドのスラム街の子たちへの寄付を通して、その際の映像を見ながら貧困の問題を学習するなど、国際社会における華やかな面だけでない取り組みも加味されたと思います」と話す。さらに「候補園になった2年間で、明らかに子どもたちの姿勢が変わってきたと保護者の方からも言われます。より一層子どもたち主体の学びを設計し、多様な文化の尊重と精神を通じて、より良い世界を築くことに貢献する探究心・知識・思いやりに富んだ若者の育成を目指します」と力を込めた。

町田版のトップニュース最新6

「鳥人間」に初挑戦

桜美林大サークル

「鳥人間」に初挑戦

準備重ね、設立4年目で

6月20日

F4出場に向け奔走

南町田拠点沼田さん

F4出場に向け奔走

今年、アメリカ大会目指す

6月20日

魅力高め、鶴川団地再生

都内協同組合

魅力高め、鶴川団地再生

リノベ 若者呼込み目指す

6月13日

乳児専用劇場、設置の夢

町田出身歌手

乳児専用劇場、設置の夢

鶴川から 周知に奔走

6月13日

16号に出店相次ぐ

キャンピングカー専門店

16号に出店相次ぐ

相模原周辺 今年4月にも

6月13日

不登校支援マップを作成

中町NPO

不登校支援マップを作成

25カ所一覧「困った時」は

6月6日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook