神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2020年7月23日 エリアトップへ

つながり保育園 七夕に届いた善意の心 贈り物はコーヒーの木

教育

公開:2020年7月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
葉をなでてコーヒーの木と親しむ子どもたち
葉をなでてコーヒーの木と親しむ子どもたち

 七夕に届いた善意の気持ち――原町田の学校法人正和学園つながり保育園・まちだ(齋藤祐善理事長)に7月7日、コーヒーの木が届けられた。同園では6月に入り口のプランターが盗まれたばかり。それを知った人物が子どもたちに向けて暖かいメッセージとともに贈ったものだ。

 「みんなのことを見守っている大人もいるよ」。添えられた一言が、心無い大人によって傷つけられた子どもたちの心に届く。1鉢で送られた木が、今では5鉢に分けられてすくすくと育っている。

 子どもたちの安全面と道行く人の景観を兼ねて、園の入り口に並べていた季節の花のプランターがいつの間にか無くなった。防犯カメラを調べると、夜中の3時に持ち去る見知らぬ大人の姿が映っていたという。傷つくスタッフや子どもを憂慮し、齋藤理事長がこの事実をSNSを通じて発信。後日、匿名の人物から「何か希望する植物を贈りたい」との申し出があった。

子どもたちと一緒に成長し

 同園には現在1・2歳児の19人が通う。艶のある緑の葉が美しいコーヒーの木は成長すると白い花や赤い実を楽しむことができる人気の木。施設長の大西正子さんは、豆を用意しコーヒーを入れ、どんなものかも含めて経緯を説明した。「子どもたちと一緒に育てていこうと思います。いただいた真心は忘れません」。正和学園では昨年から園地や園内の緑化に取り組む「みどり基金」を始めた。今いる子どもたちが幼稚園に上がるときには、成長したコーヒーの木を一緒に移すことも考えているという。

 手入れや水やりなど、子どもたちも愛情を持って真剣に取り組む。プランターが盗まれたことを考えると、以前のように外に置くのはためらった。それでもどこかで見てもらっていることを信じ、天気の良い日には前と変わらずに園の入り口に並べることに決めた。大西さんはもしかしたらこの紙面を見ているかもしれない匿名の送り主に伝えたいことがあると言う。「いつかコーヒーの実ができたら、保育園にコーヒーを飲みにいらしてほしいです」

町田版のトップニュース最新6

NT舞台に最新作

多摩地域出身映画監督

NT舞台に最新作

世代異なる3人の女性描く

2月29日

ピアノアジア大会で金賞

第三小山路さん

ピアノアジア大会で金賞

飛び級で2年連続

2月29日

初のJ1に挑む

FC町田ゼルビア

初のJ1に挑む

24日 ガンバと開幕戦

2月22日

子育て関連など1792億円

町田市予算案

子育て関連など1792億円

前年度に比べ6.4%増

2月22日

「栽培しやすい鉢」開発

サレジオ高専生

「栽培しやすい鉢」開発

企業と連携 販売開始

2月15日

小野路和牛の地産地消を

小野路和牛の地産地消を

地元で周知活動スタート

2月15日

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook