神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

町田市 空き家「備え」呼びかけ 相談窓口を拡大

社会

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
セミナーの告知を手にする市担当者
セミナーの告知を手にする市担当者

 町田市が空き家対策を進めている。現在は他市と比べ、一戸建ての総住宅数に占める割合は高くないものの、空き家になる前の対策を中心にセミナー開催するなど、相談窓口を広げている。

 町田市内の空き家数は現在、周辺市などと比べるとゆるやかに増加している状況にある。空き家の状況について分かる「住宅・土地統計調査」(2018年度)によると、町田市の一戸建ての総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は3・2%(総住宅数/9万1400戸、空き家/2910戸)。都内26市の平均4・3%を下回り、最も少ない市から数えて4番目と低い位置にある。

 市の担当者は「町田は不動産売買が活発なため、空き家が出ても売却されることが多く、低い空き家率につながっていると考えられる。倒壊の恐れや景観悪化につながるまで放置されることは市内ではあまりみられていない」と話す。

今後は増加?

 一方、今後は町田でも空き家が増加していく可能性が高いと市担当者はみる。他市などをみても、親が使わなくなった家を独立した子どもが相続しないケースなどが増えており、「空き家になってしまうと建物の劣化が進み、資産価値が低下してしまう。そうなる前に対策をとってもらえるようにしていきたい」(市担当者)。

 そのため、市は今月下旬に、空き家になる前の対策に関する市民向けのセミナーを開催。早期対策の必要性などを市民へ訴えていく考えで、昨年には東急株式会社が運営する「住まいと暮らしのコンシェルジュ 南町田グランベリーパーク店」(鶴間)と住環境づくりに関する協定を締結し、空き家に関する市民の相談窓口として紹介するようにした。

 市の担当者は「その他、弁護士や税理士などの士業10団体などにも協力してもらっている。さまざまな相談窓口がある。活用してもらえれば」としている。

19日にセミナー

 市が開く空き家に関するセミナーは以下の通り。11月19日(日)は、講演「空家になっても管理することの大切さ」がある「住まいのセミナー」がなるせ駅前市民センター(南成瀬)で開かれる。午後1時から4時で、パネルディスカッション「自宅が空家になる前にできること」も予定。

 また、12月16日(土)には、原町田の町田市文化交流センターで「相続と住まいに関するセミナー」が開催される。無料個別相談会を兼ねたもので、午後1時30分から。

 それぞれの詳細は市のホームページなどで。

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

初のJ1に挑む

FC町田ゼルビア

初のJ1に挑む

24日 ガンバと開幕戦

2月22日

子育て関連など1792億円

町田市予算案

子育て関連など1792億円

前年度に比べ6.4%増

2月22日

「栽培しやすい鉢」開発

サレジオ高専生

「栽培しやすい鉢」開発

企業と連携 販売開始

2月15日

小野路和牛の地産地消を

小野路和牛の地産地消を

地元で周知活動スタート

2月15日

GION周辺に駐車場500台

GION周辺に駐車場500台

新たに確保 ゼルビア期待

2月8日

団地商店街に新たな活気

団地商店街に新たな活気

山崎ほか、多摩NTに動き

2月8日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook