神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年1月18日 エリアトップへ

「防災人材」を育成 町田市薬剤師会 独自に

社会

公開:2024年1月18日

  • X
  • LINE
  • hatena

 地域の防災に目を向けている町田市内団体の1つが、150人を超える薬剤師が名を連ねる町田市薬剤師会だ。同会の佐藤康行会長=写真=に聞いた。

 ――独自の取り組みを進めている

 「災害時、業務にあたることのできる薬剤師の育成を進めている。当会独自の取り組み。薬剤師が災害活動について学ぶ機会は少なく、勉強できる環境を整えられればと考えた。受講者らには『災害活動薬剤師』として認定書を発行するようにし、いざという時に薬剤師とひと目で分かるようカード大の証明書を発行するようにした」

意識高まり

 ――災害活動薬剤師は現在、どのくらいの数に

 「昨年12月時点で169人だった会員のおよそ3分の1が現在、関わっている。年3回の講習会では町田市や町田市医師会などと共に発災時、どのような対応を取るのか考え、学んでいるが、会員の防災に対する意識が高まっているのを感じているところだ」

 「また、講習会を通じて、参加者同士が顔見知りの関係になれることが大きい。いざという時に生きること。今後、より災害活動薬剤師を増やしていきたい」

 ――地域に出張して、災害などについて考える講演会に協力するようになった

 「町田市社会福祉協議会が市内の町内会や自治会などを対象に行っている『出張講演会』で、『災害時のお薬』と題する講演を担当させてもらうようになった。希望すれば受講できるものだが、まだ受講団体は少なく、より多くの団体に申し込んでもらえればと思う。特にこれから街を支えていく若者たちに受講してもらいたい」

自分たちの手で

 ――能登半島地震をどう見る

 「いざという時に向けた対策の必要性をより感じるようになった。能登半島地震と同程度の首都直下型が起きた場合、救援はまず、23区などの都心の方に向かうのではないか。町田はそのあとになると考えると、自分たちの手で我が街を守る準備を進めていかないといけない。今ある人材、薬をどう生かしていくか、危機感をもって考えていきたい。その思いを町田市や医師会などとも共有していければと思う」

―・―・―・―・―・―

社協へ

 同会が講師として加わる、社協が主催する防災のほか、福祉などについても学ぶことができる出張講演会については社協【電話】042・722・4898まで。

災害活動薬剤師の認定証が付いたジャケット
災害活動薬剤師の認定証が付いたジャケット

町田版のローカルニュース最新6

「できたてほやほや」イラスト披露

19日から森野でグループ展

「できたてほやほや」イラスト披露

7月18日

本格的な茶道体験会

本格的な茶道体験会

21日 市文化交流センターで

7月18日

来年、50周年

来年、50周年

町田駅前の結婚相談所

7月18日

ダンサーとして大舞台へ

市内出身 高橋さん

ダンサーとして大舞台へ

NBAチア試験に挑戦中

7月18日

夏野菜が一同に

小野路里山交流館

夏野菜が一同に

7月18日

新札に賑わい

新札に賑わい

相模原・北里大学周辺で

7月18日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook