神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年1月18日 エリアトップへ

「防災人材」を育成 町田市薬剤師会 独自に

社会

公開:2024年1月18日

  • X
  • LINE
  • hatena

 地域の防災に目を向けている町田市内団体の1つが、150人を超える薬剤師が名を連ねる町田市薬剤師会だ。同会の佐藤康行会長=写真=に聞いた。

 ――独自の取り組みを進めている

 「災害時、業務にあたることのできる薬剤師の育成を進めている。当会独自の取り組み。薬剤師が災害活動について学ぶ機会は少なく、勉強できる環境を整えられればと考えた。受講者らには『災害活動薬剤師』として認定書を発行するようにし、いざという時に薬剤師とひと目で分かるようカード大の証明書を発行するようにした」

意識高まり

 ――災害活動薬剤師は現在、どのくらいの数に

 「昨年12月時点で169人だった会員のおよそ3分の1が現在、関わっている。年3回の講習会では町田市や町田市医師会などと共に発災時、どのような対応を取るのか考え、学んでいるが、会員の防災に対する意識が高まっているのを感じているところだ」

 「また、講習会を通じて、参加者同士が顔見知りの関係になれることが大きい。いざという時に生きること。今後、より災害活動薬剤師を増やしていきたい」

 ――地域に出張して、災害などについて考える講演会に協力するようになった

 「町田市社会福祉協議会が市内の町内会や自治会などを対象に行っている『出張講演会』で、『災害時のお薬』と題する講演を担当させてもらうようになった。希望すれば受講できるものだが、まだ受講団体は少なく、より多くの団体に申し込んでもらえればと思う。特にこれから街を支えていく若者たちに受講してもらいたい」

自分たちの手で

 ――能登半島地震をどう見る

 「いざという時に向けた対策の必要性をより感じるようになった。能登半島地震と同程度の首都直下型が起きた場合、救援はまず、23区などの都心の方に向かうのではないか。町田はそのあとになると考えると、自分たちの手で我が街を守る準備を進めていかないといけない。今ある人材、薬をどう生かしていくか、危機感をもって考えていきたい。その思いを町田市や医師会などとも共有していければと思う」

―・―・―・―・―・―

社協へ

 同会が講師として加わる、社協が主催する防災のほか、福祉などについても学ぶことができる出張講演会については社協【電話】042・722・4898まで。

災害活動薬剤師の認定証が付いたジャケット
災害活動薬剤師の認定証が付いたジャケット

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

町田版のローカルニュース最新6

全国吟詠コンクール

全国吟詠コンクール

「詩心詩情豊かな競合」

2月24日

スマホで確定申告体験

ゼルビア選手

スマホで確定申告体験

町田税務署

2月23日

作品群に賑わい

作品群に賑わい

森野の専門学校で恒例の催し

2月22日

新たな命を授かる前に

新たな命を授かる前に

プレコンセプションケアを始めよう

2月22日

吹き矢で人生再発見

桜美林高の甲子園初優勝を語る

24日、講演会

桜美林高の甲子園初優勝を語る

2月22日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook