神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年2月1日 エリアトップへ

中RC さつま芋耕作 就労支援場に 10年計画 町田の名物にも

社会

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
収穫したサツマイモを掲げる川島会長
収穫したサツマイモを掲げる川島会長

 奉仕団体「東京町田・中ロータリークラブ」(川島敏徳会長)がサツマイモづくりを就労支援の場にしようと取り組みを進めている。「さつまいもプロジェクト町田」と名づけ、畑や育てる仕組みを模索。収穫したものはいずれ加工品として販売したい考えもあるという。

 「よく取れた」「素人でもつくることができるんだ」――。木曽西に借りた畑で昨秋行われたプロジェクト2年目のサツマイモ収穫。農業未経験のクラブメンバーらがおよそ1年間をかけて育ててきた。当日は就労支援施設から障害者も参加し、収穫した2種類、約200本のサツマイモを前に笑顔が広がった。

 プロジェクトを担当するクラブの若林章喜さんは「みんなで畑づくり、苗植え、水やりと育ててきた。収穫したものは今回、町田市社会福祉協議会に寄付した。良い経験になった」と微笑む。

21年に企画

 企画が生まれたのは2021年。ロータリークラブとして、障害者支援ができないかと考えた際、農業経験者でなくても、比較的容易に耕作できる「サツマイモを生かした事業はどうか」という声があがり、クラブのプロジェクトとして進めていくことが決まったという。

 1年目は畑探しから始まり、未経験者でも無理なく耕作できる仕組みを模索。2年目につなげてきたといい、「10年計画で行っていく。サツマイモの収穫量を増やしながら、取り組みを具体化させていければ。この活動が障害のある方の働く環境の充実につながればと考えている」と若林さん。収穫したものを干し芋や焼き芋など、加工品にして販売し、事業所の運営費にまわしていく考えもあるという。「それが町田の名産品になれば理想です」

期待の声も

 活動への期待の声は少なくない。昨秋、取り組みに参加した就労支援を行う事業所「森公房」(忠生)の担当者は「障害者の働き場が広がる。町田市内に就労支援の場は多いが、雇用契約を結ぶA型と呼ばれる事業所は無くなってしまった。今後に期待している」と話している。

畑に集まったクラブメンバーら
畑に集まったクラブメンバーら

募金箱設置/チケット千円/申込は市民ホール等

①10:30〜「ひとにぎりの塩」②14:30〜「一献の系譜」

https://www.m-shimin-hall.jp/tsurukawa/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

初のJ1に挑む

FC町田ゼルビア

初のJ1に挑む

24日 ガンバと開幕戦

2月22日

子育て関連など1792億円

町田市予算案

子育て関連など1792億円

前年度に比べ6.4%増

2月22日

「栽培しやすい鉢」開発

サレジオ高専生

「栽培しやすい鉢」開発

企業と連携 販売開始

2月15日

小野路和牛の地産地消を

小野路和牛の地産地消を

地元で周知活動スタート

2月15日

GION周辺に駐車場500台

GION周辺に駐車場500台

新たに確保 ゼルビア期待

2月8日

団地商店街に新たな活気

団地商店街に新たな活気

山崎ほか、多摩NTに動き

2月8日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

その人らしい暮らしを提供する

270か所余の「介護事業所」を運営

https://jala.co.jp/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook