神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年3月7日 エリアトップへ

市内在住田村さん クッキーで障害者支援 働く機会創出目指す

社会

公開:2024年3月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
自作したクッキーを持つ田村さん
自作したクッキーを持つ田村さん

 町田市内在住の田村菫さん=中面・人物風土記で紹介=が現在、自身が発案・製造を担った町田ダリア園(山崎町)の花をモチーフにしたクッキーの周知を進めている。昨夏に販売を開始し、「多くの方に手に取ってもらい、障害者支援につなげていきたい」と語っている。

 田村さんが手掛けたのは、秋に大きな花を咲かせるダリアの花をかたどったアイシングクッキー。マメ科の植物バタフライピー(青)・クランベリー(ピンク)で色づけたクリームをもって、花びら1枚1枚を表現。昨夏のダリア園開園のタイミングで販売を開始した。

 きっかけとなったのは障害のある姉の存在だった。就労支援の場となっているダリア園に通所していることから、「福祉に興味をもった。クッキーづくりを障害者支援につなげたいと考えた」と田村さん。クッキー販売の収益が見込めるようになった後は商品を包むラッピングやラベル張りなどの業務を障害者に任せられるようにしたいと話す。「就労支援の場に。姉とも一緒に働ければうれしいですね」と笑顔をみせる。

「お菓子づくり大好き」

 洋菓子店の「不二家」木曽店で店長を務める田村さんは子どもの頃から「お菓子作りが大好き」だったという。高校2年の時からアルバイトとして不二家に勤務し、大学では管理栄養士を目指して学んできた。

 現在は不二家の店舗運営にあたるなか、インスタグラム上で自身が手掛ける菓子の受注販売を行い、「まず、ダリアクッキーをいろんな人に知ってもらいたいと考えている。そのために販売できる場所の拡大を目指している。いつか自分オリジナルのお店を持つことができれば」と田村さんは話す。

名産品にも

 一方で、自分が好きなお菓子作りで、地元に貢献したいという思いも強いという。「ダリアクッキーをいずれは町田の名産品となるようなお土産にしたいと思います」

 ダリアクッキーは現在、町田薬師池公園四季彩の杜西園ウェルカムゲートで販売されているほか、田村さんのインスタグラム「スミレベイク」のダイレクトメッセージ機能からも注文を受け付けている。

ダリアをかたどったクッキー
ダリアをかたどったクッキー

町田版のトップニュース最新6

「つながる成瀬」街元気に

「つながる成瀬」街元気に

団地発信 3年で活気向上

5月16日

老化街路樹 新たな資源に

老化街路樹 新たな資源に

市 民間企業と取り組み

5月16日

「クマ痕跡」ウエブ上に

東京都

「クマ痕跡」ウエブ上に

昨年、目撃増加 対策強化

5月9日

多摩地域盛り上げ「宣言」

ゼルビアら東京3クラブ

多摩地域盛り上げ「宣言」

今季、J1で顔そろえ

5月9日

全員給食へ整備進む

市内中学校

全員給食へ整備進む

25年度 4つのセンター

5月2日

本町田の歌 盆踊りに

本町田の歌 盆踊りに

今月初披露 普及目指す

5月2日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook