神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

青色で「自閉症理解」周知 福祉関係者ら4月に企画

社会

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
イベントのポスターを掲げる小林さん
イベントのポスターを掲げる小林さん

 町田市内の福祉関係者らで構成される団体が4月2日(火)の世界自閉症啓発デーに合わせた企画の準備を進めている。芹ヶ谷公園で夜桜を「ブルー」にライトアップさせ、「青い花火」を打ち上げる催し「Warm Blue Machida」=中面で関連記事。初開催となるイベントの実行委員長を務める小林祐喜さんは「自閉症や障害者への理解を広げる機会にしたい」と意気込んでいる。

 夜桜のライトアップは3月30日(土)から開始し、花火を打ち上げる4月2日まで続ける。世界自閉症啓発デーに合わせ、ブルーライトアップなどによる自閉症への理解を広めるための啓発は世界や国内で広がっているが、今回はその取り組みに協力する小林さんが所属する一般社団法人代表の「町田市では十分に浸透していないのでは」という疑問が発端となり企画が立ち上がったという。

 そして、開催にあたり準備を進めていくなか、協力を申し出る福祉団体、企業が「増えていった」といい、小林さんらは実行委員会を結成。町田市庁舎や町田駅前のブルーライトアップをより充実させることを市に依頼するなど、4月2日を盛り上げるための準備を重ねてきた。

 小林さんは「より注目されるよう季節に合わせてサクラを対象とし、春の花火として印象に残るようにした」と振り返り、「初開催。成功させたい」と意気込みを語る。

理解不十分

 「短期入所」施設のスタッフとして日々、障害者を迎えているという小林さん。自閉症や障害のある人への理解が広がっていないと感じることが数多くあるといい、「障害のある家族と買い物に行くことに引け目を感じてしまう方もいる。まわりの目を意識してしまうようだが、地域の理解が広がっていればそのようなことにならないと思う」

 そんなこともあり、今回のイベントを市民が自閉症など、障害者への理解を深める機会として町田に「定着させていきたい」と話している。

 「4月2日は町田のウォームブルーの日と認識してもらえるぐらいになればと思う」

クラファン実施

 「Warm Blue Machida」実行委員会では現在、イベント開催に関してクラウドファンディングを実施している。詳細は「Warm Blue Machida」と検索のうえ、HPなどを参照。

町田版のトップニュース最新6

チーム盛り上げ、20年

ゼルビアスポーツクラブ

チーム盛り上げ、20年

教室運営 地域とつなぐ

4月11日

名物商店街 今月、代替わり

名物商店街 今月、代替わり

町田仲見世 歴史引き継ぎ

4月11日

道路の不具合LINEから

町田市

道路の不具合LINEから

迅速「送信」に期待

4月4日

負けなしで「3月首位」

ゼルビア

負けなしで「3月首位」

J1名門撃破 街に影響も

4月4日

青色で「自閉症理解」周知

青色で「自閉症理解」周知

福祉関係者ら4月に企画

3月28日

「卵子凍結」助成を継続

東京都

「卵子凍結」助成を継続

昨秋、開始 28年度までに

3月28日

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook